top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BIGMAMA流ロック×クラシックの決定盤が誕生 金井&柿沼&東出が明かす“Last”の意図とは

SPICE

BIGMAMA流ロック×クラシックの決定盤が誕生 金井&柿沼&東出が明かす“Last”の意図とは

クラシックの名曲を俎上に上げ、ロック・バンドが全力で遊び尽くす。BIGMAMAが編み出した新手法と言っていい『Roclassick』シリーズが、3作目にしていよいよ完結する。『Roclassick~the Last~』のタイトルのもと、ヴェルディ『レクイエム「怒りの日」』、チャイコフスキー『くるみ割り人形より「花のワルツ」』、ショパン「別れの曲」など、誰もが知る名曲を、新しい味付けで生まれ変わらせた全7曲。長屋晴子(緑黄色社会)をフィーチャーした「LEMONADE」(モーツァルト『アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク』)など、金井政人(Vo/Gt)が掲げる“ミニマムなポップ・ソング”という新たな挑戦もある。ある意味、オリジナル・アルバム以上に、バンドのアイデンティティが露わになった野心作。ラストにしてベスト、ベストにしてマストな作品だ。

――『Roclassick~the Last~』ということは、文字通り、これが最後ですと。

金井:いやもう、逆に聞きたいですよ。これ以上『Roclassick』でいいネタあります?って。

柿沼広也:「もういいっしょ」という感じはあります(笑)。テーマがあるがゆえに、自由じゃないところがあるし、技術的にも戦いがあったりするので。だからこその、いい作品ができるということでもあるんですけどね。

――それはね、ずっと思ってましたけどね。一見、キャッチーな企画ものに見えるけど、スキルとセンスの勝負という意味では、非常にハードルが高いという。それでも3枚目を作ろうと思った、最初のきっかけは?

金井:1月から『-11℃』のツアーを回っていて、漠然と「次、何しよう?」というときに、『Roclassick』をもう一度やれたらかっこいいと思ったんですよ。でも『Roclassick2』で、おいしいところを全部やっているから、『3』をやるとなると、説得力が必要なんですよね。確か僕はそのとき、『Roclassick3』をやろう、と言ってたと思います。でも「それはそんなに面白くない」と言われて、「確かに」と。

広告の後にも続きます

――厳しいなあ。誰に言われたの。

金井:僕の横にいます(笑)。

柿沼:ちょっと待って(笑)。そんな言い方はしてない。

金井:でもそれは、厳しいんじゃなくて、かっこいいんですよ。ここはカッキーが照れるところじゃなくて、「いや、本当につまんないと思ったんですよね」と言うほうが、俺は正しいと思ってます。結果的にそのほうがかっこよかったし、確かに、普通に『3』と言われても、観ないだろうなと。

――ああー。映画で言うと。

金井:初めての人にも触れてほしいし、むしろ何も知らない通りすがりの人に「かっこいいね」と思ってほしい作品ですから、『Roclassick』は。だから俺が『3』を提案したことに対して、浅はかだったなと思います。それを踏まえて、ポイントは大きく分けて二つあって、まず前作、前々作と絶対に違うものじゃなきゃダメだということ。そして、今年1年の立ち回りの話にもなるんですけど、リアド(偉武)不在ということ。今作が結果的にこういうものになる上で、その二つがポイントだったと思ってます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル