top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

菅田将暉『となりの怪物くん』で“最後の制服姿”、土屋太鳳とW主演&映画初共演

music.jp|マンガ・アニメ

菅田将暉『となりの怪物くん』で“最後の制服姿”、土屋太鳳とW主演&映画初共演(C)music.jp|マンガ・アニメ 累計発行部数500万部突破(全13巻)の少女コミック「となりの怪物くん」が、菅田将暉と土屋太鳳のW主演で実写映画化、2018年に公開されることが明らかになった。映画初共演となる二人は「自分にとって最後の制服姿となると思うので、思いきり楽しみたい」(菅田)、「武者震いを感じずにはいられません。原作を尊重し全力を尽くします」(土屋)と意気込みを語る。

原作は、2008年〜2014年まで講談社「月刊デザート」にて連載されたラブコメディ。ガリ勉で冷血な女子高生・水谷雫と、そのとなりの席の問題児・吉田春、ともに“友達0”な二人が、初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係…などを経て成長していく様子を描いている。このたびの実写映画では、監督を月川翔(映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』『君と100回目の恋』『君の膵臓を食べたい』)、脚本を金子ありさ(映画『高台家の人々』、ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」)が担当し、青春恋愛映画の金字塔を目指す。

主演の一人・吉田春を演じる菅田将暉の起用については、春の“怪物”な中にもチャーミングさを秘めたキャラクターにピッタリであるのと、これまで演じたことのない“王道少女マンガの主人公”を務めてほしいとの思いから、製作陣がオファー。菅田本人も春に深い思い入れを持ち、すでに役作りを始めているそうで、これが最後(?)になるという学生服姿も注目を集めそうだ。

一方、ヒロイン・水谷雫役の土屋太鳳は、『orange』『青空エール』のような、まっすぐでひたむきな役を演じることの多かった彼女が、あえてこれまでとは全く逆の役どころ“冷血女子”を演じる姿を観たいとの理由から起用が決定。これまで多くのラブストーリーのヒロインを演じてきた土屋が、新境地となる“恋愛したくない”ラブストーリーのヒロインに挑む。

そしてこの度、菅田将暉、土屋太鳳、月川翔(監督)、ろびこ(原作)のコメントも到着。映画『となりの怪物くん』の詳細ならびに続報については、公式サイトを参照されたい。

■菅田将暉(吉田春 役)コメント

春は、とても可愛いキャラクターで、動物的というか、現代的であるなと思います。誰よりも純粋で、不器用とはまたちがう可愛さがあります。怪物感というものもありますし、原作の魅力をリスペクトして楽しんで演じられたらと思います。今作は、キャラクター全員が個性豊かですし、切ない部分も随所にある作品です。新鮮さを忘れず、そして自分にとって最後の制服姿となると思うので、思いきり楽しみたいです。
また、土屋さんとは、バラエティでお会いしたことがある程度で、映画では初共演です。独特なパワーを持っていて、自分の正義もあり、雫にぴったりの方だと思いました。春としては、土屋さん演じる雫に救ってほしい気がします。あと、最近僕は運動不足です。土屋さんは身体能力の高い方だと聞いていますので、撮影の合間にボールを使ったりして遊びたいです。

【吉田春】
イケメンで、天才だが、予測不能な行動で周囲から怖がられる“怪物”。
本当は友達が欲しくてたまらないのに友達0人。高校では入学早々上級生に暴力をふるい、不登校に。父と兄にも見捨てられ、学校では誰も近寄ってこない。
しかし、雫と出会ったことがきっかけで、他人の温もりを知っていく。

■土屋太鳳(水谷雫 役)コメント

「となりの怪物くん」の世界で水谷雫として生きる時間に、女優として挑戦できることとなりました。
貴重な機会を得て心から感謝すると同時に、一筋縄ではいかない難しさを強く予感しています。
同世代の象徴的存在の一人である菅田将暉さんを始め力強いキャストの方々、そして御一緒出来ることが夢のようなスタッフさん方が集結する現場に、武者震いを感じずにはいられません。
原作を尊重し全力を尽くします。宜しくお願い致します。

【水谷雫】
高校1年生。勉強第一の冷静かつ淡白な“氷の女”。
友達0人。
不登校だった吉田春にプリントを届けたことで懐かれ孤立していた学校生活が騒がしくなっていく。
始めは春の予測不能な行動に戸惑っていたが、次第に異性として心惹かれていく。

■月川翔(監督)コメント

菅田将暉と土屋太鳳。
本作を映画化する上で考えうる最高のキャスティングだと思います。
いつもこの2人の出演作をうらやましい気持ちで眺めてきました。菅田将暉は作品ごとにまったくの別人になり切るし、土屋太鳳の真っすぐさはいつも胸に迫ってくる。今回お二人とご一緒できる喜びを噛みしめつつ、これまで見たことのない一面を引き出せたらと画策しております。
原作の魅力の1つはキャラクターの豊かさだと感じていて、こちらの想像を軽々と超える主人公たちの言動を、菅田将暉と土屋太鳳がどう演じるのか、撮影前から楽しみでなりません。
ろびこ先生の描いてきた物語をどう実写化していくか、スタッフ陣とも画面の隅々まで「となりの怪物くん」の世界観を作り込んでいこうと意気込んでおります。
スタッフ・キャストと力を合わせ、精一杯やらせていただきます。

■ろびこ(原作)コメント

映画化が決まって嬉しく思うと同時に
「春と雫を実写化って大丈夫だろうか」ととてもドキドキしました。
菅田将暉さんと土屋太鳳さんという素晴らしい役者さんに演じていただけて、大変恐縮です。
完成をワクワクしながら、楽しみに待ちたいと思います!

■映画『となりの怪物くん』

2018年全国東宝系公開!

菅田将暉 土屋太鳳 ほか

原作:ろびこ「となりの怪物くん」(講談社「KCデザート」刊)
監督:月川翔
脚本:金子ありさ
撮影期間:2017年5月下旬〜7月上旬予定
企画・製作:東宝
制作プロダクション:東宝映画
配給:東宝

<物語>
行動予測不能な問題児—「友達0」な吉田春(菅田将暉)。
ガリ勉、冷血—「友達0」な水谷雫(土屋太鳳)。
 物語は、雫がクラスでとなりの席の春にふとしたことがきっかけで懐かれ、唐突に告白されたことから始まる。猛烈アタックする“怪物”春と、それを冷たくかわす“氷の女”雫。いつしかそんなコミカルな2人の周囲には、個性豊かな人々が集まってきて、2人にとって初めての「友達」ができていく。
 一方、その騒がしさは雫にとって勉強の障害が増えたのも同然だった。雫は、仕事で家にいない母親に認められるために勉強してきた。「私にとって大切なのは勉強。ひいては確固たる未来」と言い放つ雫を尊重し、見守る春。二人は次第に互いに惹かれ合っていく。
 そんな折、実は名門家系の息子であり、頭脳も優秀な春は、絶縁状態だった父親から後継者として実家に連れ戻されることになる。抗う春。しかし雫は自分にないものを持っている春を冷たく突き放してしまう。そして春は悲しそうに「お前に俺の気持ちがわかるのか?」と言い残し、意気消沈のまま姿を消してしまうのだった—。
さらに、落ち込む雫に春の幼馴染である山口賢二(=ヤマケン)が告白。果たして雫と春の恋はどうなってしまうのか—。

公式サイト⇒http://tona-kai.jp/

(C)2018「となりの怪物くん」製作委員会 (C)ろびこ/講談社

⇒映画原作コミック ろびこ「となりの怪物くん」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル