top_line

本の題名だけで選ぶ「日本タイトルだけ大賞」がアツい! 過去の受賞作は『砂漠の空から冷凍チキン』『人間にとってスイカとは何か』など

Pouch[ポーチ]

本の題名だけで選ぶ「日本タイトルだけ大賞」がアツい! 過去の受賞作は『砂漠の空から冷凍チキン』『人間にとってスイカとは何か』など

私は本屋さんをブラブラするのが大好きなのですが、その理由のひとつが「おもしろいタイトルに出会えるから」。

「どんな内容なんだろう!?」とわくわくするようなタイトルに出会うたび、宝物を見つけたような気分になるんです。

そうした “書籍のタイトルのおもしろさ” に着目したのが、日本最大級の書籍紹介サイト・新刊JPが主催する「日本タイトルだけ大賞」! 今年2019年にノミネートされたのは、どんな作品なのでしょうか!?

【どんな賞なの!?】

2009年にスタートした「日本タイトルだけ大賞」は、書籍の内容や良し悪しは関係なく “タイトルがおもしろい” という点のみを評価する賞。

現在開催中の第12回の対象となっているのは “ほぼ2019年に出版された本” で、ツイッターと応募フォームから自由にノミネートされたもの。

一般投票と選考委員会で吟味した結果、大賞含む各賞が決定します。

【タイトルを見ただけで読みたくなる! 買いたくなる!】

今回ノミネートされている作品は、秀逸なものばかり。

『カレーの匂いがわからなくなったら読む本』
『鴎外パイセン非リア文豪記』
『部屋から出ないで100年生きる健康法』
『僕の母がルーズソックスを』
『腸よ鼻よ』

などなど、本の中身が気になりすぎるタイトルのオンパレードなんです。

鴎外パイセン(おそらく森鴎外のこと?)の非リアぶりも気になるし、『僕の母がルーズソックスを』の先にどんな文章が続くのか、小一時間考えてしまいそうになるよ……。

【過去大賞作品はどれも魅力的】

ちなみに過去に大賞を受賞しているのは

『砂漠の空から冷凍チキン』
『人間にとってスイカとは何か』
『妻が椎茸だったころ』

など。どれも「どういうこと!?」とツッコみたくなるタイトルばかりで、つい手に取って読んでみたくなりますよねぇ!

【本選びの参考にもなるよ~】

大賞が決まるのは2019年12月18日。19時30分からニコニコ生放送で放送されます。

タイトルにパッと惹きつけられて、本を買った経験がある人は多いはず。ノミネートされたタイトルを読んでいくだけであの高揚感を味わえると思うので、ぜひウェブサイトにアクセスしてみてくださいっ♪

参照元:第12回 日本タイトルだけ大賞版元ドットコム
執筆:田端あんじ
Photo:版元ドットコム

TOPICS

ランキング(マンガ)

ジャンル