top_line

嵐・二宮和也、結婚のタイミングは「20年超えて一段落ついたため」

SmartFLASH

 

 嵐の二宮和也と櫻井翔が、12月16日、『2020年用年賀状受付開始セレモニー』に登場した。

 

 イベント終了後、報道陣に取り囲まれた二宮。11月12日に報告した、元アナウンサーの一般女性との結婚について語った。一問一答は次の通り。

 

――なぜこのタイミングだったのか。

「今回の結婚発表はどうしても突然になってしまうので、心配・迷惑をかけてしまい申し訳ない。ほかの4人には前から伝えていたけど、活動は(これから)1年続けていくわけで……。『国民祭典』という大きな役割をいただいたり、アジア各国をまわる『JET STORM』で20周年の感謝の気持ちを伝えられて。あとは20周年という区切りもあって、一段落ついたところがそこだったので」

 

 

――結婚報告を受けたほかのメンバーの反応は。

「そうですか、という感じ。それぞれ思いがあって尊重しているから、バカ騒ぎするわけでもなく」

 

――嵐のメンバーでは最初の結婚だが、メンバーは驚かなかったのか。

「誰がしたって僕らのグループは最初になってしまう。誰かがしたから誰かがするというわけでもなく、結婚に関しては、この人がするタイミング、みんなが思うタイミングで。自分が第1号とかまでは考えていなかった。自分のタイミングとしては20年超えてからと(考えていた)」

 

――メンバーは受け入れてくれた?

「それぞれの思いもあったのではないかと思う。コンサートツアーが終わってからという人もいるし。自分も歩み寄らないわけでもなく、歩み寄ってこういう決断をさせてもらうと報告させてもらった」

 

――コンサートでは話さなかったが。

「ファンだけじゃなく、僕らにとっても特別な場所。プライベートな報告をするのは僕の判断的にないかな、と……。翔ちゃんが言うように、ファンだけじゃなく僕らが一緒に夢を見られる空間の中では……。自分のことは自分でしようと決めていたので、ラジオで最初に報告した」

 

――12月ツアーが終わってからではなく、なぜ11月?

「事務所と相談するなかで流れがあって、『20年迎えてからにしよう』と。で、スケジュールを見ると一段落つくときがそこだった」

 

――改めてファンに向けて一言を。

「今回の結婚発表はどうしても突然になってしまうので、心配・迷惑をかけてしまい申し訳ない。結婚する前と後でも、ずっと変わらず嵐として頑張っていきたいと思うので、変わらず応援していただけたら」

 

 イベントで、メンバーに向けて「20年の感謝とともに、21年目も歩いて行こう!」とメッセージを送った二宮。言葉どおり、結婚後も変わらずにメンバーと歩んでいくことだろう。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル