top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミステリー度アップ!そしてさらに迫り来る魔手…藤原竜也主演「リバース」第5話レビュー

music.jp|テレビ・映画

ミステリー度アップ!そしてさらに迫り来る魔手…藤原竜也主演「リバース」第5話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 ミステリー度アップ! 藤原竜也主演、TBS系列ドラマ「リバース」。5月12日(金)に放送された第5話は、あっちこっち怖い爆弾が。

前回の第4話で、深瀬和久(藤原竜也)に10年前の広沢由樹(小池徹平)の事故現場で、村井隆明(三浦貴大)の後ろ姿を見たと告白した浅見康介(玉森裕太)。
今回放送の第5話は、その証言と真っ向から食い違いを見せる、もう一方の証言が得られる。

今週担当村井くん

毎回、10年前のメンバーの独白からスタートする冒頭。第5話では村井の独白からスタートした。
村井に比べ、親元も遠く、しかも農家の坊ちゃんな広沢。そんな広沢を、「あんな大胆なこともできた」と語る村井。え。どんな大胆なこと…? どう見ても「いいやつ」で、周りが嫉妬するだけの広沢に、さらに好感度高いような別の側面があったのだろうか。

二股はいけません

浅見から広沢に彼女が居た上に、二股の疑いがあったと衝撃の事実を聞く深瀬。えっ。そういう大胆さ…?
そんな折、村井と議員・沼淵ことは(篠原ゆき子)のW不倫報道がされる。あら…誰のリーク…。
放送と同時に村井の自宅に電話がかかり始める。怖い、マスコミ攻勢スタート。淡々と状況を受け入れる妻・香織(趣里)の無表情が怖くもあり、心配でもあり。
電話しながらなんとか事務所に向かおうとする村井に父・村井明正(村井國夫)は「脇があまい、隠れてろ」と命じる。ま、迷惑だよね、政治生命の危機だわ。ただでさえ「息子を秘書として雇ってる」なんて、有権者的にはざらりとした感触のある話なのに。
行く場所が無く、深瀬のアパートに転がり込んでくる村井。盲点なくらいのぼろアパートですからね…。

広告の後にも続きます

怖いことは続く

深瀬のアパートに張り紙をした、黒いコートの男が越智美穂子(戸田恵梨香)に照準を合わせ始めた。
待ち伏せ、追いかけ、気付いた美穂子が必死でオートロックのマンションに逃げ込んだところ、エレベーターに乗り込まれてしまう。怖くて後ろも振り返れずに走る感じがリアルすぎてハアハアしてしまう。
このガタイのいい男は誰!? エレベーターが閉まる瞬間、外に走り出した美穂子の腕を掴む男。もうやめて! 下手なホラー映画より怖い! 持っているものをバラバラ落としながら、男の手から逃げ出すことに成功。雨の中必死にダッシュし、転倒する。クローバーコーヒーの乾恭子(YOU)が見つけてくれなかったら、どうなっていたことか…恭子に取りすがって号泣する美穂子が痛々しい。
恭子は美穂子の身に起きたことを、深瀬に伝える。脅しの手紙が有ったことも…真っ先に広沢の件が絡んでいることを直感する深瀬だが、翌日彼女の職場まで様子を伺いに行きながら、なぜ手紙が脅迫文なのか確認しないの…相変わらず踏み込まない深瀬! 腹たつわー。変わりたかったんじゃないの。
それにしても「深瀬和久はお前を不幸にする」という脅迫文の内容には触れず、心配かけてごめん、となぜか彼女の方が謝る。

あさみんのがんばり

一方、学校から浅見に電話を寄越し、野球部の近況を報告する生徒・藤崎莉子(山口まゆ)。「正しいことしたあさみんが1人で損してる」…あさみんだって。かわいいなあ。
深瀬宅では村井がカレーに卵を落とす手伝いをしようとして失敗する、そんなほのぼの風景の中、浅見が牛丼持って登場。「カレーと牛丼と味噌汁ってめちゃくちゃ」と自分たちで突っ込みながら食べまくる。男子だね。
さて、現場で村井の後ろ姿を見たという話を浅見から聞いて以来、村井の動向が気になって仕方ない深瀬。だけど、とても聞けない小心者なのだ。代わりに浅見が「最後に広沢見たのはお前じゃないのか」と直球勝負。「あの時何かしたのか」と重ねて尋ねる浅見に、「してない」とテンション低く答える村井。「してないし、見てない」と弱気に答えつつ、あの時の答え合わせを始める村井と浅見。
広沢が恋人と当時高校生だった村井の妹・明日香(門脇麦)を二股していた、という情報は誤解だった。
カレー好きな広沢のために花見弁当もカレーを持ってくほど、広沢を好きだった明日香。片思いの明日香にそっと恋人がいることを伝えたのを、明日香が勝手に傷ついたのだと言う。
それにしても、浅見に対してなにか含んでいる面構えの村井。何。何が言いたいの。

次々溢れる情報

マスコミの突撃に、家の入り口に隙間なくゴミを積み上げる香織。キレ方がリアルに面白い。狂気だ…。
一方、香織からの連絡も絶っている村井は、香織から電話が鳴るたび、電源を落とす。全力逃避だなあ。
村井は香織とは見合いによる政略結婚で、結婚生活初期に出会った時から沼淵に惹かれ、すぐに不倫関係になったことを深瀬に告白する。気付いたら抜け出せなくなってた、そんなパターン。村井は深瀬の恋にも興味を持つ。深瀬の言葉が健気だ。「釣り合わないかもしれないけどがんばりたい」「彼女を守りたい」…じゃあなんで脅迫文のこと踏み込まないの?
そして、ジャーナリスト・小笠原俊雄(武田鉄矢)を呼び出す深瀬と浅見。浅見は、村井のスクープを出したのか問い、さらに広沢昌子(片平なぎさ)らしき姿の写り込んだ、谷原康生(市原隼人)の野球写真を見せ、「広沢のお母さんに似てないか」とアタックする。さらに、「一連のことが、お母さん1人でやれるとは思いません」と、述べて、深瀬に「へ?」と間抜けな声を出させる浅見…深瀬と打ち合わせてないのね…。
俺を疑ってるのか、と色めき立つ小笠原に、浅見は「なぜ急に現れたのか」と至極もっともな質問を投げる。小笠原の答えは、村井との単独インタビューさせるなら教えてやる、と交換条件。ムウ。ジャーナリストだなあ。飯のタネだもんね。帰り際、「駅の階段、ホーム気をつけろ」「後ろからポンとされたら怖いだろ」と警告したのが脅しにも感じる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル