top_line

綾瀬はるかの前に武田鉄矢が立ちはだかる!『義母と娘のブルース』新年SPの放送を前に年賀状企画も開催

テレビドガッチ


武田鉄矢が、1月2日(木)の21時から放送される綾瀬はるか主演の『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)に出演することがわかった。武田は、綾瀬演じる亜希子の担当するクライアントの会社社長・山本勘九郎を演じる。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名4コマ漫画(ぶんか社刊)を原作としたヒューマンコメディドラマで、2018年7月クールにTBSの火曜ドラマ枠で放送。キャリアウーマンの亜希子を中心とした家族の”愛の物語”に、笑って泣けると幅広い層から支持を受けた。

そして、この度、連続ドラマの最終回から1年後を描いた完全新作が放送決定。ドラマオリジナルストーリーとなる新年SPでは、主演の綾瀬をはじめ、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未ら連続ドラマのレギュラーキャストも続投。また、劇中で亡くなった亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内豊も登場する。

さらに、今作のストーリーに大きな影響を及ぼす役柄で、武田のゲスト出演も決定。クライアントの会社社長として、大手コンサルタント会社に勤める亜希子の前に立ちはだかる。他にも、コンサルタント会社の亜希子のボス役に橋本さとし、上白石演じるみゆきが大学で所属している企業サークルの先輩・桜向日葵役に吉川愛が決定。個性豊かな実力派俳優陣がドラマをさらに盛り上げる。

また、ドラマのキービジュアルも完成。「謹賀新年スペシャル」と銘打たれ、令和初のお正月らしさを盛り込んだデザインとなっている。このキービジュアルは、1月2日の放送までに様々な場所で展開。その一環として、キービジュアルをベースに作られた年賀状がもらえるスペシャル企画「亜希子さんからの年賀状が届く」の開催も決定した。

この企画は、TBS公式LINEアカウントを友だち登録し、12月14日(土)午前6時以降にドラマ公式Twitterでツイートされる「合言葉」を、TBS公式LINEアカウント宛にメッセージ入力すると、抽選で1万名の自宅に亜希子から年賀状が届くというもの。応募締切は2019年12月18日(水)の24時まで。令和元年最後の運試しをしながら、お正月の放送に備えてみては?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル