top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

玉森裕太演じる祥平、リンダについに追い詰められる!?『グランメゾン東京』第9話

テレビドガッチ


木村拓哉が主演を務める日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第9話が、12月15日に放送される。

本作は、木村演じる型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹が、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。木村のほかに、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らが出演している。

<第9話あらすじ>
栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を急遽辞めることになった。再びフードライターに戻るという。そんな中、尾花は彼女の履歴書にある違和感を抱く。栞奈にはある目的があり、尾花はそれを察しているのか、栞奈に対して思うところがあるようで……。

一方、ミシュランの審査開始時期まであと1か月。倫子(鈴木)は、コース料理をリニューアルすることを決める。同時に、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。

そんな中、「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵(吉谷彩子)が突然体調を崩し、病院に運ばれる。

ある日、「gaku」で働く祥平(玉森)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が訪ねてきて、3年前のアレルギー物質混入事件について、真犯人を見つけたという。同事件の犯人を許さないと断言しているリンダ・真知子・リシャール(冨永愛)が、ついに祥平を追い詰め始める。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル