top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

沢尻エリカが息子に愛を注ぐ母親役を好演!涙なしでは見られない「母になる」第5話レビュー

music.jp|テレビ・映画

沢尻エリカが息子に愛を注ぐ母親役を好演!涙なしでは見られない「母になる」第5話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 9年前に誘拐された息子が生きて目の前に戻ってきた。失った時間を家族としてどう向き合うのか? 沢尻エリカ主演、日本テレビ系列ドラマ「母になる」。5月10日(水)に放送された第5話は、広が施設の先輩・今偉と姿を消した。育ての母親・麻子のもとへ行ったのではと心配する結衣だったが、2人にはちゃんとした別の理由があって——。

前回の第4話では、ようやく広(道枝駿佑)と柏崎陽一(藤木直人)と家族3人で暮らすことになった結衣(沢尻エリカ)だったが、門倉麻子(小池栄子)に捨てられたと思った広は、結衣に「あなたをお母さんとは思えない」と心を閉ざしてしまう。施設に帰りたがっている広の気持ちを汲んで、戻す決意をする結衣。「お母さん、あなたの帰りを待ってるから!」と送り出すのだったが、突然、広が姿を消してしまい…。そして今回放送の第5話は、姿を消した理由、それは施設の先輩である田中今偉(望月歩)の母親探しが目的で——。

突然、姿を消してしまった息子。育ての母のもとへ帰ったのではと、結衣は不安になって…。

「見つかったんですか!?」施設に戻る途中、姿を消してしまった広。ようやく見つけたと児童福祉司の木野愁平(中島裕翔)から連絡が入り、ホッとする結衣。「僕に任せてください」と言われるが、結衣は気が気ではない。一瞬、広が麻子のもとへ行ってしまったと思ったのだ。「もしそうだったら許せなかった。今後、会うようなことがあったら、私、なにをするか分からない。許せない…」と陽一に話す結衣。広をひっそり育て、いきなり2年間施設に預けたことが、結衣は許せないのだった。

一方、陽一の母・柏崎里恵(風吹ジュン)はある女性をとても気に入っていた。その女性とは、酔った緒野琴音(高橋メアリージュン)を介抱して連れ帰ってきた女性…なんと麻子だった!

母をさがして…。

一方、広と今偉はネットカフェにいて、何やら熱心に画像を検索していた。「お母さんを捜しているのか?」と、木野。実は行方不明になっている今偉の母親が、たまたまネットの地図の写真に写り込んでいたとの情報を得たのだ。どうやら2人はその母親を探しに、木更津まで行くらしい。「自分を産んでくれた母親は世界でたった一人。たとえどんな母親でもかけがえのない存在だと、広に分からせたい」と木野に話す今偉。広を巻き込んだのは、そういう理由があったのだ。内縁の夫と今偉がうまくいかないからと、母親は自分勝手な理由で息子を施設に預けっぱなしなのだ。それなのに…なんともいじらしい。この少年に奇跡が起こりますようにと、視聴者は誰もがみんな願った瞬間だった。

自分を産んでくれたのは、どんな母親でも大切なかけがえのない存在。

花とケーキを用意して、ネットに写り込んでいた駐車場で母親を待つ今偉と広、そして見守る木野。するとその母親が現れた。感動の対面となると思いきや…連れの男にこんな大きな子供がいたのかと咎められ、「知らない」と去ってしまう。咄嗟に呼びかける広。「あんたそれでも母親かよ!」しかし、派手な身なりをした母親は「産んだからって誰もが素晴らしい母親になるとは大間違い。勝手に母親像を押し付けないで!」と、今偉からケーキと花束を振り払う。母親が去ってしまうと、涙を流しながらそれを拾う今偉。「あれでも俺を産んでくれた母親だもん…結婚したら家族ができるけど、自分を産んでくれたのはたった一人しかいない。かけがえのないたった一人の家族だから」すると、木野がそっと今偉の肩をさする。「泣いていいんだよ…」木野も涙ぐみ、広も何かが胸に迫ったように目を赤くしている。このシーンを観ていた人は…絶対に泣いていたと思う。今回は子供目線からの母親への愛の話。広に伝わればいいな…。

「ただいま…」「…おかえり」

そのあとゲームセンターで遊ぶ3人。しかし広は考え込んでいる。先ほどの今偉の言葉。「自分を産んでくれたのは、どんな母親でも大切なかけがえのない存在」すると突然、立ち上がる。「俺、あのうちに帰ります!」 知らせを受けた結衣は、家の外に出て待ち遠しそうに広を待っている。すると——。「ども…」「…どうも」広は照れ臭いのか「ただいま」を言えない。しかし、小さな花束を結衣に渡すと、恥ずかしいのかさっさと家に入ってしまった。結衣は嬉しくて…。

そのあと、陽一に婚姻届を見せる結衣。里恵から託されたというのだが、ちゃんと判子を押して陽一に微笑む。「じゃあ…」と陽一も嬉しくて…。

ようやく本格的な幸せが訪れ始めたと思った矢先、結衣のもとに現れたのは…「こちらでやとってもらうことになりました」なんとそれは、麻子だったのだ。「何しに来たの!」と驚く結衣。すると琴音が慌てた様子でやって来て、「待って! その人、人殺しだから…!」その場にいる全員が驚いて麻子を見たところで…つづく。とうとう明かされた麻子の過去。一体、彼女になにが起こっていたのか——!?

第6話は、5月17日(水)夜10時放送

家に帰ってきた息子、再び現れた育ての母。その母親が過去に殺人事件を犯していて…? 次回第6話は日本テレビ系列で5月17日(水)夜10時放送。

「母になる」公式サイト
http://www.ntv.co.jp/haha/

TOPICS

ランキング

ジャンル