top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バービーボーイズKONTA『目を閉じておいでよ』を語る

SmartFLASH

 1980年代、日本のROCK界を牽引したバービーボーイズ。杏子とKONTAによるハスキーなツインボーカル、異次元の超絶テクニシャンギタリスト・いまみちともたか、メロディアスなベーシスト・ENRIQUE、重厚なビートを刻むドラマー・小沼俊明による5人編成。

 今回の「運命の一曲」は、『目を閉じておいでよ』。本誌では書ききれなかったKONTAさんのインタビューを掲載しよう。

――まずは、『目を閉じておいでよ』についてのお話ですが。

(セールスは)17万枚弱だったと思います。上半期22位かな。つまんないことはよく覚えてます(笑)。

――この曲を初めて聴いたときのことを覚えていらっしゃいますか?

広告の後にも続きます

 5枚目のアルバムのレコーディングが1988年9月に始まったので、1988年の7月末か8月に、いまみちくんの家で聴いたのが最初だったと思います。いまみちくんが「こんなの作っちゃったよ」って言って。その頃は譜面を書いてたので、いまみちくんがギターを弾いて、その譜面を見ながら、こんな感じって。

>

――新曲を聴くタイミングというのはそういう感じだったんですか?

 ケースバイケースです。やっぱり長いツアーの後だと、それまでの疲労の蓄積もありますし、(メンバーの)顔を見たくねえなとか、お互いにあるんですよ(笑)。家族や子供よりも一緒にいる時間が長いから。あのときはたしかツアーが終わって、次のアルバムの準備に入るところで、そのツアーの最中にですね……。まぁ、いいや。30年経ってるんだから。当時のバービーのマネージャーが女性スタッフに、「そんなもん目を閉じてれば一緒だよ、すぐだよ」みたいなことを、今となってはセクハラもんですが、当時でもセクハラですが(笑)。「すぐだよ、同じだよ、やらせろよ」って、言われましたと。その話がバーッと広がって。とんでもないことを言うヤツだなって。半分は笑い話で、こんなことを言われちゃった、っていう。その話が耳に入って、「ゲラゲラ笑いながら作っちゃった」って、聴かせてもらったのが最初でした。あの話、聞いたろう? って。

――ヒットする感覚はありましたか?

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル