top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

目標の投手に田中将大を挙げた佐々木朗希。ライバル・奥川恭伸の発言に刺激を受けるタイプに映る

週刊ベースボールONLINE


12月9日、東京都内でロッテの入団選手発表会が行われ、ドラフト1位の佐々木朗希(大船渡高、前列中央)は決意を述べている

 佐々木朗希が変わった。

 12月9日、東京都内で行われた新入団選手発表会。報道陣から「目標とする選手」を問われた。

 10月17日のドラフト前は、同様の質問に対して「いません」と、唯一無二の存在を目指していくのかと思わせた。

 ところが、この日は「ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手です」と、ドラフト1位の最速163キロは、はっきりと答えた。

 ライバルについては、以前と変わらず奥川恭伸(星稜高-ヤクルト1位)の名前を挙げた。

 思い起こせば、佐々木は奥川の発言に刺激を受けるタイプに映る。3月31日、対外試合初登板となった作新学院高(栃木)との練習試合で、「目指す投手像」として「大人のピッチング」と回答。センバツ甲子園で快投を見せていた奥川もテーマにしていたことで、佐々木に確認すると、その影響力を認めていた。

 12月3日のヤクルトの入団会見で、奥川は目標とする選手を「田中将大」と語った。春先から、あるNPBスカウトは同投手の「スタイルとかぶる」と評価していただけに、想定内だった。佐々木はロッテで、背番号17を着ける。エンゼルスで同ナンバーを背負い、岩手の先輩として尊敬していた「大谷翔平」を挙げるかと思ったが……。田中にあこがれる理由をこう語っている。

「ピッチャーとして完璧なところ。僕にとって理想。頑張っていきたい」

 話を総合すれば納得できた。佐々木は将来的な目標として、最も優れた先発完投型である「沢村賞」を目指すと宣言したからだ。

 田中は渡米以降、メジャー・リーグで6年連続2ケタ勝利。年間を通して安定した投球を披露している先発ローテ投手を理想とするのも、「沢村賞」目指す上では、当然の考えだ。

 3月31日の練習試合の時点で「スケールが違う」と、1位入札の方向性を決めたというロッテ・永野吉成チーフスカウトは、佐々木が写真撮影をしている横で、笑顔で語った。

「背番号17? カッコいいですねえ。高校時代(大船渡高)もタテジマですし、まったく違和感がない。(ユニフォームに)着られていない。しっかり着ている」

 そういえば、奥川は入団会見で「沢村賞を目指したい」と抱負を語っていた。ここも佐々木と一緒だ。今年9月、高校日本代表として、U-18W杯(韓国)でチームメートとなって以降、2人は相当、刺激し合っているようだ。今年は19年ぶりの「該当者なし」だった同賞。セ、パに分かれた2人のスターが先発投手の名誉を争う日を、楽しみに待ちたい。

文=岡本朋祐 写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル