top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アリアス、メイ……拾ってもらった先で成績を伸ばした助っ人外国人

週刊ベースボールONLINE

 結果が残せないと、ドラ1選手でも自由契約となるのがプロの世界。助っ人外国人となればさらに評価は厳しくなり、「そこそこの成績」ぐらいでは放出されることもある。多くはそのまま母国や外国のリーグに行くが、中には幸運にもNPBの他球団に拾われ、さらにそこで目覚ましい活躍を見せる選手もいる。今回は、そうした「拾ってもらった先で才能を開花させた助っ人外国人」を紹介する。


阪神・アリアス

●ジョージ・アリアス(オリックス⇒阪神)

 2000年にオリックスに入団したアリアスは、持ち前の長打力を武器に1年目は26本、2年目は36本の本塁打を放つなど活躍。しかし、首脳陣が満足する成績でないとしてチームを退団することになる。

 そんなアリアスを獲得したのが阪神だ。長打力は相変わらず破壊力満点で、2003年には38本塁打を放ってチームのリーグ優勝に貢献。ベストナインを受賞した。また、一塁の守備も安定しており、2003年にはゴールデン・グラブ賞にも輝いている。


巨人・メイ

●ダレル・メイ(阪神⇒巨人)

 1998年に阪神に加入したメイは、好投するも援護に恵まれない試合が続き、そのフラストレーションから2年で退団。しかし、ライバルの巨人に移籍すると、いきなり12勝を挙げてチームのリーグ優勝に貢献し、翌年も10勝と活躍した。

 阪神では2年で10勝と芳しくなかったが、巨人では打線の援護もあり、素晴らしい活躍を見せた。特に不満を溜めたまま退団した阪神が相手だと、いつも以上に強気のピッチングを披露。エキサイトしすぎて危険球を投じることもあったが。


DeNA・エスコバー

●エドウィン・エスコバー(日本ハム⇒DeNA)

 2017年に日本ハムに加入したエスコバーは、その年の7月にDeNAにトレードで移籍。加入したばかりの新外国人をシーズン中に放出するという異例の事態だった。放出されるまでは14試合に登板してまずまずの成績を残していたが、外国人枠の関係で出場機会が限られており、チームが野手を補強したかったことから異例のトレードが成立したという。

 1年目から放出の憂き目に遭ったエスコバーだが、新天地のDeNAは投手不足だったことから先発、中継ぎで27試合に登板。大車輪の活躍でチームをクライマックスシリーズ(CS)に導き、CS本番でも好投して日本シリーズ進出に大きく貢献した。以降もチームの中継ぎの柱として活躍。2019年シーズンも74試合に登板している。

西武・エバンス

●トム・エバンス(阪神⇒西武)

 2001年に阪神に加入したエバンスは、初年度は攻撃では活躍できなかったものの守備で貢献。しかし、2002年は外国人枠がほかの助っ人で埋まってしまい、前年に目立った活躍を残していなかったことも災いして1試合も出場できずに橋本武広とのトレードで西武へ。

 期待に応えるように、ここで阪神時代とは別人のようなバッティングを披露。当時西武の四番だったアレックス・カブレラほどの大活躍はできなかったが、78試合に出場して15本塁打、45打点と、来日してから最高の成績を残した。


ロッテ・チェン

●チェン・グァンユウ(DeNA⇒ロッテ)

 現在、ロッテで中継ぎの要として活躍しているチェンは、大学在学中にDeNAが獲得し、育成選手として契約。何度も育成契約を結び直した後に2014年に支配下登録されるが、思ったようなピッチングをすることができずに自由契約となってしまう。

 DeNAを退団したチェンは2014年にロッテのキャンプに参加し、入団テストで好投を見せて入団。翌2015年は開幕一軍を勝ち取り、14試合に登板して5勝4敗、防御率3.23という成績を残した。2017年からは中継ぎでの登板が増え、2019年は44試合に登板。自由契約からチームに欠かせない存在にまで成長した。


近鉄・ブライアント

●ラルフ・ブライアント(中日⇒近鉄)

 くすぶっていたところを拾われて大躍進を果たした選手といえば、ブライアントも外せないだろう。1988年にドジャースから中日に入団したブライアントは、日本の投手に苦しみ、一軍はおろか二軍でも結果が残せなかった。そんな中、チームの主砲が逮捕された近鉄がブライアントに注目し、獲得した。

 三振ばかりだったブライアントの獲得を疑問に思う声もあったが、加入後の74試合で34本塁打と大爆発。翌1989年は129試合に出場してリーグ最多の49本塁打を放つ。特にリーグ終盤でのダブルヘッダーでは4打数連続本塁打で勝利に貢献。優勝の立役者となり、リーグMVPと最多本塁打のタイトルを獲得した。

 今シーズンも西武のカイル・マーティンやソフトバンクのアリエル・ミランダなど、まだまだ大きな活躍を見せてくれそうな外国人助っ人が自由契約となった。新外国人を連れてくるよりも安定した成績が見込めそうだが、果たして獲得する球団は現れるのだろうか。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル