top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「防弾少年団」JUNG KOOK、受賞記念で“食べる放送”「RMの受賞コメントがカッコよかった」

ワウコリア


「防弾少年団」JUNG KOOK(ジョングク)が賞を受賞した記念として、ファンに食べる放送をプレゼントした。

8日午前、「防弾少年団」の公式ツイッターにJUNG KOOKの映像がアップされた。JUNG KOOKは「ARMY、賞をもらえるようにしてくださって、ありがとうございます。僕たちがもらう賞は全部、ARMYのもの。ナムジュン兄さん(RM)の感想、カッコよかったです! (映像がコメントと関係がないように見えますが、そうではありません。賞をもらって元気が出たので、運動をして、エネルギーを補充しました!)」というコメントを書いた。

映像を見ると、JUNG KOOKは部屋に一人で座って、食べる放送を繰り広げている。トンカツをしっかり噛んで、口いっぱいにほおばったり、フレンチフライをソースにつけておいしく食べている。賞をもらう毎日が嬉しそうに、顔いっぱいに幸せな笑顔が溢れている。

「防弾少年団」は5月、米国「ビルボード・ミュージック・アワード」で「トップデュオ/グループ」、「トップソーシャルアーティスト」の2冠をはじめ、6月に「ラジオディズニー・ミュージック・アワード」で、 「グローバルペノム、8月に「ティーン・チョイス・アワード」で「チョイスコラボレーション」、「チョイスサマーツアー」、「チョイス・インターナショナルアーティスト」、 「チョイスファンダム」の4冠、「MTVビデオミュージックアワード」で「ベストグループ」、「ベストK-POP」の2冠を獲得した。

先月には、「MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード」で「ベストグループ」、「ベストライブ」、「ビギストファン」の3冠を追加し、「バラエティ2019ヒットメーカーズ」でも、今年のグループ賞を受賞した。

広告の後にも続きます

最近では、「2019 MAMA」で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」、「ソング・オブ・ザ・イヤー」、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」、「ワールドワイドアイコン・オブ・ザ・イヤー」まで大賞4部門を総なめにした。また、ベスト男性グループ賞、ベストダンスパフォーマンス賞、フェイバリットアーティスト賞、ベスト・ミュージックビデオ賞、ワールドワイド・ファンチョイス賞までなんと9冠に輝いた。

また、米国ビルボードが発表した2019年年末のチャートでは、主要なチャートを席巻し、ものすごい花道を歩いている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル