top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

父の手がかり、有村架純主演「ひよっこ」5月15日あらすじ

music.jp|テレビ・映画

父の手がかり、有村架純主演「ひよっこ」5月15日あらすじ(C)music.jp|テレビ・映画 有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。5月15日(月)〜5月20日(土)朝8時から放送される第7週では、父・実の目撃談を頼りに、みね子は警察官の綿引とともに父親探しに行くが、それ以上の手掛かりは得られない。乙女寮も小さなトラブルに見舞われる。澄子がホームシックにかかり、時子は女優のオーデションに臨み……。

前週(第6週「響け若人のうた」)のおさらい

東京での新しい生活、仕事に慣れてきた乙女たち。おしゃべりに花を咲かせ、コーラス部の練習では思い切り歌い、コーラス指導の講師と寮長・幸子の仲を冷やかす。初めての休日、初めての給料日も経験した。みね子は初めて飲むクリームソーダの美味しさに目を丸くし、初めての給料日には父母が世話になった赤坂のすずふり亭を訪れ、やはりおいしい料理に仰天する。そんなとき、失踪した父・実の行方を追ってくれている同郷の警察官・綿引から、父親の目撃談があったと報告がある。

第7週「椰子(やし)の実たちの夢」第37話 あらすじ

みね子(有村架純)は綿引(竜星涼)と一緒に、実(沢村一樹)が目撃された街に行く。実の写真を見せて道行く人に尋ねるが、手がかりは見つからない。そんな時、澄子(松本穂香)が工場でミスを連発してしまう。故郷にいる祖母のことを思い出してさみしくなってしまったのだ。突然姿を消してしまった澄子を探して、みね子たちは上野駅へと走る。一方、時子(佐久間由衣)は、念願だったテレビのオーディションを受けるが……。

第37話は、5月15日(月)あさ8時より放送

広告の後にも続きます

みね子(有村架純)は、実(沢村一樹)と現場で一緒だった人が実を見かけた街に行く。綿引(竜星涼)と一緒に、実の写真を見せて道行く人に尋ねるが手がかりはなく……。第37話は、NHK総合で5月15日(月)あさ8時より放送。

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送。
公式サイト(http://www.nhk.or.jp/hiyokko/)

⇒ドラマ「ひよっこ」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル