top_line

コンプレックスは強みに変わる。劣っていることを恐れるな!

マンガ新聞

コンプレックスは強みに変わる。劣っていることを恐れるな!

 

こんにちは、NetGalley Japanです。NetGalley(ネットギャリー)は、出版社が掲載する発売前の作品をサキヨミできるサービスです。

 

今回取り上げるのは、精神科医・心理学者であるアドラーの名著をマンガ化した『劣っていることは資産である ~アドラーの「個人心理学講義」より~』です。家族を題材としたストーリーがわかりやすいと好評です。

 

 

 

 

劣っていることは資産である ~アドラーの「個人心理学講義」より~ (まんが学術文庫)
劣っていることは資産である ~アドラーの「個人心理学講義」より~ (まんが学術文庫)
著者:近藤 たかし
出版社:講談社
  • amazon.co.jp
  • kindle 本
  • コミなび

 

【あらすじ】

失業し、劣等感に苛まれる父。
悪友とつるむため親から金をたかる長男。

他人を見下し人との接触を避ける長女。
壊れ行く家庭を傍観することしかできない母。

そして、その家庭で育つ5歳の次男。

 

そんな崩壊寸前の幸田家に、一人の家政婦がやってきた。彼女の名は桜通フウ(さくらみち ふう)。
一見、しがないおばさんに見えるフウさんが得意の心理学を駆使し、家族が抱えている問題をひとつずつ体当たりで解決していく……。

 

オーストリア出身の心理学者・アドラーが確立した理論を、マンガとともに楽しく学べるお得な一冊です!

 

ここがポイント!

友だちはいますか? 自分がちっぽけに思えることがありますか? 
――つらさ、寂しさ、情けなさと上手に付き合う方法教えます!

 

「こころ」は傷つきやすくて、とても厄介。しかし、あなたがあなたであることの証でもあるのです。
近代心理学のパイオニアであり、個人心理学の創始者であるアルフレッド・アドラーの理論は世界規模でブームになっています。


この作品では、お互いを信じられない、絆がなくなってしまいそうな、ある家族の再生の物語を通して、その根底にある「個人心理学」に迫ります。

 

図書館関係者「心理学の入門書にうってつけ」

「劣っていることは資産である」。
大人でも子どもでも、救われる一言がタイトル。

 

両親と3人の子供の幸田家、実は様々な問題を抱えている。住み込みで働くことになったフウさんは、豪快で何事にも動じない家政婦。崩れかけた家族をどう再生していくのでしょう……

 

家族とのやりとりからこの先の展開が気になります。幸田家の具体的な事例を漫画でわかりやすく表現していて、アドラー心理学がどのような形で活かされていくのか、読みたくなりました。心理学用語の説明もあるので、心理学に興味を持つキッカケになり得ます。

 

レビュアー「名前だけ知っていたアドラー心理学に初めて触れました」

結果は何となくわかっているけど、どんな風にフウさんが闇を抱えた家族を再生していくのか興味があります。

「アドラー心理学」は言葉としては知っていますが、今まで書籍は読んだことがありませんでした。

 

書店関係者「アドラー理論もマンガも面白い!」

面白い! アドラー理論には興味があるので、これからこの家族がどう再生していくのか、とても興味があります。絵がきれいな漫画もいいけれど、ほとんどの漫画は内容で勝負。だから、この漫画はいいなあと思います。多くの人は承認願望が強いのではないかと思いますが、まさにその通り。続きが読みたい!と思いました。

 

* * * * *

 

などなど、感想やレビューが寄せられています。

 

※レビューの続きはコチラ

 

NetGalleyには5タイプの会員が登録されています。

・書店関係者

・図書館関係者

・教育関係者

・メディア関係者

・レビュアー(他業界の方、ブロガー、SNSユーザー、一般読者など)

会員のみなさんはNetGalleyにレビューを投稿して、読んだ作品を応援しています

 

ここでは、NetGalley会員から寄せられたレビューの一部をご紹介しています。

 

 

 

あなたもNetGalleyでこれから世にでる本を一緒に応援しませんか?

 

■NetGalley(ネットギャリー)とは?

■NetGalley Japan Twitter

■NetGalley Japan Facebook

 

 

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル