top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

尾上菊之助が風の谷の姫、中村七之助が白き魔女に スタジオジブリ初の歌舞伎『風の谷のナウシカ』が開幕へ

SPICE

尾上菊之助が風の谷の姫、中村七之助が白き魔女に スタジオジブリ初の歌舞伎『風の谷のナウシカ』が開幕へ


新橋演舞場12月公演、新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』が12月6日(金)に開幕した。スタジオジブリ初の歌舞伎化として、宮崎駿監督の漫画『風の谷のナウシカ』全7巻を昼の部、夜の部通しでの完全上演だ。この度、5日に行われた昼の部の公開舞台稽古をレポートする。

まず、初日に向けて座頭のナウシカ役尾上菊之助、クシャナ役中村七之助のコメントを紹介する。

尾上菊之助(ナウシカ役)コメント

大好きな『風の谷のナウシカ』を歌舞伎にしたいと思い立ったのは、いまから5年前のことでした。5年越しの夢が結実し、いよいよ明日初日の幕が開きます。魅力的な登場人物や壮大な世界観を、古典歌舞伎で表現したらどのような舞台ができあがるのか。試行錯誤の連続ではありましたが、古典の力を信じ、精一杯勤めますので、よろしくお願いいたします。

中村七之助(クシャナ役)コメント

あの名作漫画『風の谷のナウシカ』を歌舞伎にするという大きな挑戦に、菊之助のお兄さんをはじめ一座で取り組んでまいりました。大立ち回りや大仕掛けもたくさん盛り込まれていますが、なにより深いところで『いいな』と感じていただけるような作品になっていると思います。クシャナという女性の葛藤を大切に演じていきたいです。そして私たちの愛している歌舞伎を観て楽しんでいただけるように力を合わせて勤めますので、どうぞお楽しみにご覧ください。
 

昼の部のあらすじと見どころ

■序幕 蒼き衣の者、金色の野に立つ

広告の後にも続きます

幕開き、その瞬間から『風の谷のナウシカ』の世界が広がっていた。腐海の中に生きる蟲たちや、雪のように舞う胞子の中に、ナウシカ(尾上菊之助)が現れる。キツネリスのテトとの出会いが描かれ、ナウシカがテトに「怖くない」と語り掛けるシーンもそのまま表現されていた。

ナウシカは、トルメキア皇女クシャナ(中村七之助)と出会い、生まれ育った風の谷を後にすることになる。それが長い旅路になることをナウシカは知らず、メーヴェ(空飛ぶ凧)で広い世界に飛び立っていく……。

白い衣装に銀色の鎧をまとったクシャナは、初登場からナウシカとは対極の存在として描かれる。無邪気な声音でユパや父、谷の人々と接するナウシカと違い、戦争に身を置き軍を率いるクシャナの声は低い。その女形としては低い声に白い衣裳も相まって氷のような印象を受けた。


クシャナ 中村七之助



「蟲愛ずる姫」と「白き魔女」、ふたりの出会いが序幕の大事なシーンのひとつだ。序幕は85分の長丁場だが、映画版『風の谷のナウシカ』のモチーフとなったものが続々と登場し、どんどん物語に引き込まれた。観劇前は「歌舞伎でどう表現するんだろう?」と誰もが考えただろう蟲や腐海の描写がとても丁寧で、また、非常に歌舞伎と相性がよかった。なるほど、「歌舞伎で表現したい」と感じたことも納得。

王蟲や大王ヤンマなどの蟲たちを再現した舞台セットは、状況によって差金を用いた表現から一転、蟲と人の立廻りでは人間の体に巻き付けた蟲まで、様々に用いられる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル