top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オードリー春日ラジオで話すネタのためフィリピンパブへ

SmartFLASH

「月並みですけど、ホームですね。なかったらと思うとゾッとします。いまとぜんぜん違っていたんだろうなって」(若林正恭)

「これがあるから自分の刺激になることを探していく体質になって。なかったら、家から出ないでしょうね」(春日俊彰)

 それが、土曜日にパーソナリティを務めるオードリーの、『オールナイトニッポン』(以下、ANN)への思いだ。番組は、2009年に2回の単発放送を経て、10月10日からレギュラー化。当初は「看板の重さは感じていたので、1回できただけで光栄」(若林)と恐縮していたが、いまや8年めに突入。あらためて、ラジオへの向き合い方を聞いた。

「テレビだと共演者がいるので、最大公約数を狙わざるをえないんですけど、ラジオは、内容がどうしてもドメスティックになりますよね。ファミレスや喫茶店にしゃべりに行くみたいな感じなので、2時間の放送で疲れたことないですし。長く感じたこともないですね」(若林)

「ラジオは感覚的にそんなに遠くに投げていないというか、何十人しか聴いてねえんじゃないかって(笑)。いちばん緊張しますけどね」(春日)

広告の後にも続きます

 ANNでは、ネタやキャラに頼らず、多くの時間をフリートークで勝負している。

「1週間をラジオに向けていっているというか。寝る間際に毎日、思うんですよ。話せることあったかなって」と語る春日は、先日も、最終の新幹線で名古屋に行った。ただただ、フィリピンパブ目当てで。

「迷ったんですけど、翌日ニッポン放送に入った自分を想像したら、行かないと困っているだろうなって」(春日)

 一方、若林は自然体だ。

「土曜日の22時くらいに入ってから、1週間のスケジュールを見直してネタを探します。メモは取っていないですね。そこで思い出せないことは、そんなに面白くないんですよ。始めたときからずっと、そのやり方は変わらないです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル