top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

そのキムチに乳酸菌は含まれてる?腸が喜ぶキムチの選び方

つやプラ

腸活や美容、健康に良いといわれる発酵食品の「キムチ」は、「乳酸菌が含まれているから摂取する」という人も多いのではないでしょうか。

管理栄養士の筆者が、キムチの乳酸菌の働きやキムチの選び方についてご紹介します。

■キムチの発酵とは

キムチは、乳酸菌によって作られる発酵食品です。

発酵が進むにつれて乳酸菌が増え、うま味と栄養価も高くなるといわれています。

■キムチを食べると、どんな良いことがある?

キムチには、“カプサイシン”という辛味成分が含まれています。脂肪の燃焼を助ける働きがあり、ダイエット中には嬉しい成分です。

そのほか、キムチには「ビタミンB群」も豊富に含まれています。「ビタミンB1」は糖質の代謝、「ビタミンB2」は脂質の代謝に関わるビタミンです。

新陳代謝を活発にして血液の流れを良くするため、美肌作りにも良いですね。

キムチの乳酸菌の働き

乳酸菌に整腸作用があることは有名ですよね。

キムチには、アミノ酸の一種である「GABA(ギャバ)」が含まれています。これは、乳酸菌によって作られています。GABAは、ストレスを軽減する働きがありリラックス効果もあります。

日頃、忙しく過ごしている人も、キムチを食べてストレスケアしたいものですね。

■キムチには乳酸菌が含まれていないものもある!?

浅漬けタイプは要注意

日本産のキムチのなかには、コスト削減のために化学調味料を入れて、キムチの材料となる野菜を浅漬けにしたタイプもあります。そのようなタイプのキムチは、時間がたっても発酵しにくいといわれています。

せっかく食べるなら、乳酸発酵したものを選びたいですよね。“天然発酵”や“自然発酵”という表示があるものを選ぶと良いでしょう。

“キムチくんマーク”がついている商品を選ぶ

韓国産のキムチは発酵した商品が多いため、購入してみてはいかがでしょうか。

“キムチくんマーク”がついているキムチは、韓国政府認定のものなので、選ぶ時の参考にしてくださいね。

いかがでしたか? 日本でも日常的に食卓に登場するキムチは、せっかくなら乳酸菌が入っているものを選びたいですよね。ぜひ、この記事を参考にしてください。

(フリーランス管理栄養士 今井尚美
「根拠のある情報を」「体の内側から美しく」がモットー。健康や美容に関する記事執筆や相談業務などフリーで活動中。糖尿病療養指導士、ピンクリボンアドバイザーの資格有。現在はサプリメント管理士の資格取得中。)

TOPICS

ジャンル