top_line

柴咲コウ秘めるおんな社長の野望 会社資本金が3年で1600倍

女性自身

柴咲コウ秘めるおんな社長の野望 会社資本金が3年で1600倍

「来年公開予定の映画『燃えよ剣』で、主人公・土方歳三と運命的な恋に落ちるヒロイン・お雪を演じる柴咲コウさん(38)ですが、いっぽうで事業家としての躍進も目指しているようです。最近、“彼女の会社”の資本金が大幅にアップしたのです」と語るのは、経済ジャーナリスト。

 

柴咲が自ら会社「レトロワグラース」(以下・レ社)を立ち上げたことが報じられたのは’17年9月。NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』のストーリーが佳境に差し掛かったころだった。前出の経済ジャーナリストが続ける。

 

「会社を設立したのは3年前の’16年11月です。当初は“IT企業”と報じられましたが、のちに彼女自身が否定しました。レ社の業務の3本柱はアパレル事業・食品事業・エンタテインメント事業だそうで、エンタテインメント事業は、彼女の音楽活動やファンクラブの運営ですね。着目すべきは、その成長スピードです。会社登記簿謄本によれば、設立時は資本金が10万円だったのが、その1年後には約8,500万円、そして今年10月には約1億6千万円に増加しました。資本金が増えれば増えるほど大きい会社とはいちがいには言えませんが、事業を拡大し続けているのは間違いないところです」

 

そもそも女優や歌手として忙しい日々を送っていた彼女が、会社を設立した陰には、亡き母への思いがあったという。’18年にインターネット上で公開されたインタビューでは、彼女は次のように語っている。

 

《また、19歳の時に乳がんが原因で母親を亡くしたことも一つの大きなきっかけになっています。「何が原因だったのか」「何が悪かったのか」と考えて、行きついたのが「衣・食・住」。先月は化学調味料不使用のレトルト食品ブランドをリリースしたので……》

 

“母にとって何が悪かったのか”、そのことを追求し続けたことにより、彼女は自分自身の食生活にも気をつかうようになったという。

 

《自分の体の構造を知ることが当たり前になると、もっと美しく、健康でいられると思います。食生活は、健康的な食事として信頼できるエビデンスがある地中海食がメインです。オリーブ油、豆類、魚、野菜、全粒粉や玄米をよく食べるようにしています》(『美ST』’19年4月号)

 

今年10月の大幅な増資(資本を増やすこと)により、柴咲は何を目指しているのか?ベンチャー起業などに詳しい坪井司法書士事務所の坪井宏太さんは次のように語る。

 

「企業情報などを見る限り、株も値上がりしていますし、かなり“優良な企業”だと思います。株式を計算すると、会社の価値としては13.4億円ほどになります。株式の発行などの状態からは、IPO(株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすること)を目指していることが読み取れます」

 

ちなみに10月の増資は、株式会社モブキャストホールディングスの出資によるもの。モブキャストホールディングスは、ゲームの開発や配信などにより成長した会社だが、柴咲社長が率いるレ社は、具体的にどんな事業展開を計画しているのだろうか。レ社に質問したところ、担当者からは、次のような回答が送られてきた。

 

〈増資したことは事実です。現在今後の新たな展開を企画しています〉

 

だが柴咲の古くからの知人はこのように語る。

 

「途中の事業展開については不透明ですが、会社設立当初から、柴咲さんは『ゆくゆくはカフェチェーンも経営していきたい』と、熱く語っていました。彼女は“環境にも優しく、人間の体にも優しく”ということを理想としています。自分自身でプロデュースした複数の店舗で、自然食品を提供していくことにより、彼女の抱いている理想を広めていきたいと考えているのでしょう」

 

“おんな城主”卒業からすでに2年、“おんな社長”の野望は、どんどん広がっているようだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル