top_line

チェ・ジョンフン、1審判決を不服として控訴

韓流大好き

集団で女性を性的暴行した容疑により1審で懲役5年の宣告を受けた歌手チェ・ジョンフンが、判決を不服として控訴した。


4日、NEWSISによるとチェ・ジョンフンはこの日、弁護人を通じてソウル中央地方法院に控訴状を提出したという。

チェ・ジョンフンはチョン・ジュニョンらと共に2016年1月に江原道洪川、2016年3月に大邱で集団性的暴行を行った容疑がかけられている。被害女性は二人が参加したグループチャットルームに流布された音声ファイル、写真などにより自身が性的暴行を受けたことを知り、告訴したことが分かっている。

チェ・ジョンフンは先月29日、性的暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(特殊準強姦)等の容疑により起訴され、懲役5年の宣告を受けた。それと共に80時間の性的暴行治療プログラム履修、児童青少年関連機関の就職制限5年も宣告された。検察の保護観察要請は棄却された。

当時、裁判所は「有名芸能人および友人として、準強姦、強制わいせつなどを犯し、好奇心に満ちたいたずらと見るには深刻で重大な犯罪」として「厳重に処罰しなければならない」と判断した。

記者:カン・ミンギョン
写真提供=NEWSIS

(c)STARNEWS

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル