top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ハマる人続出!とにかく亀梨和也と山Pの絡みが最高なんです!「ボク、運命の人です。」第4話レビュー

music.jp|テレビ・映画

ハマる人続出!とにかく亀梨和也と山Pの絡みが最高なんです!「ボク、運命の人です。」第4話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 亀梨和也主演、日本テレビ系列・土曜ドラマ「ボク、運命の人です。」。5月6日(土)に放送された第4話では、亀梨和也演じる主人公・正木誠(まさき・まこと)が、木村文乃演じる湖月晴子(こげつ・はるこ)との「運命の恋」を手に入れるため、「嫌い」を「好き」に変える極意を学ぶことになった……!

「亀と山Pの絡みが最高!」「ハマりすぎてヤバい」と話題沸騰のドラマ「ボク、運命の人です。」。今回放送の第4話では、誠が晴子の心を開くため、山下智久演じる謎の男から命じられた「ニンジン嫌いな部長に、ニンジンを食べさせろ!」というミッションに挑むことになって……!?

まさかの失恋!

前回、運命の相手・湖月晴子(木村文乃)と「ちゃんこ鍋を食べに行く約束」をして大喜びすることになった主人公・正木誠(亀梨和也)だったが、その当日晴子は現れず、代わりにやって来たのは、晴子の同僚・四谷三恵(菜々緒)と、晴子にフラれた定岡光圀(満島真之介)だった……。

そうして、「晴子の代わりに謝罪するために来た」という三恵から晴子の正直な気持ちを伝えられた誠は、晴子が、「恋のチャンスが訪れても、相手のことを減点方式で値踏みするクセがついてしまい、誰かを好きになるチャンスを逃してしまう」という、まさに「恋愛のスイッチを失った」状態だと知るのだが……。

簡単にはあきらめられない「好き」の気持ち!

広告の後にも続きます

そんな晴子の気持ちを聞いた定岡は、「きっぱりあきらめる」ことを決意。けれど往生際の悪い誠は、「あきらめない」と宣言! 「僕という人間をもっと知ってもらえれば、好きになってもらえる自信がある」と、晴子に直接電話することになったが、「気持ちが変わることはない」と言い切られてしまって……。

それでもあきらめきれない誠は、「神様」を名乗る謎の男(山下智久)にも、「”好き”って気持ちはそう簡単に終わらない! あきらめられない感情を”好き”って言うんだ!」と語り、謎の男から与えられた新たな指令、「ニンジンが嫌いな部長・烏田翔吉(田辺誠一)に、ニンジンを食べさせろ!」に挑むことになって……。

「嫌い」を「好き」にする極意!?

翌日、さっそく誠は、「ニンジンを食べて欲しい」と烏田に懇願。けれど、当然烏田は拒否! 思わず頭を抱える誠だったが、そんなとき先輩社員・関原卓(大倉孝二)から、「”嫌い”なものが、いきなり”好き”になることはない。だから、まずは”嫌い”な状態から、”可も不可もない”状態に移行させることが大切だ」とアドバイスを受けることに……。

そこで誠は、まずは烏田にニンジンを使ったクッキーやケーキを食べてもらおうと考えるのだが……。

「嫌い」を「好き」にしようとするのは、ただの押し売り!?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル