top_line

新田真剣佑がサクラへのプロポーズから百合へのハグ!怒涛の展開にネット大混乱「なんでやねーーーーん」

テレビドガッチ


高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、12月4日に放送。インターネット上では、北野サクラ(高畑)の同期が考えた、彼女を元気付けるための“ある作戦”に「また泣かされた」と反響だった(以下、ネタバレが含まれます)。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んだ本作。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間が、1年=1話で描かれている。

第8話は、2019年12月にサクラの病室で同期の百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)がサクラの転院について相談しているところに、サクラのアパートの隣人夫婦・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、「こんなことになったのは自分たちのせいだ」と頭を下げるシーンからはじまった。

舞台は、2016年11月。自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配。これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞り、4人それぞれが誘い出すも誰もサクラを救い出せない。

菊夫は、入社2年目に桑原(丸山智己)からパワハラを受けていた時期に担当した図書館が完成したのを見せたいとサクラを連れ出す。サクラのおかげで困難を乗り越えることができたと伝える菊夫だったが、サクラはどこか上の空。そんなサクラを見た菊夫は「俺とけっこ……っこ……」とプロポーズしそうになるも「……っケツは自分で叩くしかないんじゃないのか」と勇気が出ない。その後「なんなら俺が(サクラのケツを)叩いてやろうか」と提案するも、気恥ずかしさからか「やっぱり無理!」と菊夫。それならと自分で自分のケツを何度も叩くサクラに、菊夫は「誰か替わって」とメッセージアプリで、ほかの同期に助けを求めた。

またこの日は、事前に葵がサクラにプロポーズするシーンが描かれるということが発表されており、ネット上では放送前から大興奮状態。葵はサクラと散歩しながら出会った頃を振り返り、はじめこそわかりあえないと思っていたものの、「今ではお前と一生離れたくないって思う。俺と結婚しないか?」とプロポーズ。無理に会社に行かなくてもいい、サクラ一人なら養える、サクラは良い妻にも母にもなると訴える葵だったが、「こんな私なんかと結婚したいって言うから……」と笑いはじめ、「私なんかが良い奥さんにも良いお母さんにもなれるはずなんてないのにと思っちゃって」となおも笑いが止まらないサクラ。その反応を見た葵は「大失敗です、俺も」と同期にメッセージを送り肩を落とした。

しかしその後、葵と百合が急接近。葵は“サクラ復活”のため奔走する百合を「お前が一番頑張ってたから」と気遣い、その言葉に涙を流す百合を抱きしめる……。

そんな怒涛の展開に、「葵くんのストレートなプロポーズ素敵だった〜〜からの、百合ちゃんへのハグ!!!」と興奮する声もある中、「葵ほんまになんでやねーーーーん」「もう菊夫くんほんとに諦めないで頑張ってほしい」と混乱する声や菊夫を応援する声も見られた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル