top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

瀬戸康史、三吉彩花らが出演 舞台『母を逃がす』の上演が決定 ノゾエ征爾の演出で松尾スズキの話題作がよみがえる

SPICE

瀬戸康史、三吉彩花らが出演 舞台『母を逃がす』の上演が決定 ノゾエ征爾の演出で松尾スズキの話題作がよみがえる


2020年5月7日(木)~25日(月)Bunkamuraシアターコクーンにて、シアターコクーン・オンレパートリー2020『母を逃がす』の上演が決定した。


(左から)松尾スズキ、ノゾエ征爾



本作は、来年1月にシアターコクーンの新芸術監督に就任する松尾スズキが1999年に自身の劇団、大人計画で上演し、2010年に再演された話題作。自給自足の共同生活を営んでいる架空の農業コミューンを舞台に、そこに生きる人々の切実な日常生活を痛烈な笑いで描き、話題となった。1999年には、第3回鶴屋南北戯曲賞にもノミネートされている作品だ。

演出を手掛けるのは、劇団はえぎわの主宰であり、俳優、脚本家、演出家として活躍するノゾエ征爾。今注目されている気鋭の演出家の1人で、シアターコクーンには演出家として今回が初登場となる。脚本家としては2012年『○○トアル風景』で岸田國士戯曲賞を受賞。松尾スズキ作の絵本『気づかいルーシー』の舞台化の脚本・演出、蜷川幸雄の遺志を継いだ『1万人のゴールドシアター』や“世界・ゴールド祭”にて「ゴールド・アーツ・クラブ」の数百人単位の高齢者たちをエネルギッシュに活かした演出でも注目を集めている。2019年は、オーチャードホールで上演された音楽劇『トムとジェリー』の演出から、総勢80名弱のキャストたちと新基軸の劇世界を立ち上げた野外劇『吾輩は猫である』の脚本・演出、白井晃演出『恐るべき子供たち』の上演台本執筆、演劇ユニット月影番外地への脚本提供など幅広く手掛けている。

出演者も多彩な顔ぶれがそろった。集落の頭目代行で住民たちをまとめるリーダー的存在の雄介役には、ドラマ『ルパンの娘』、舞台『ドクター・ホフマンのサナトリウム〜カフカ第4の長編〜』での好演が記憶に新しく、近年目覚ましい活躍を見せる人気実力派瀬戸康史。ノゾエとのタッグでこの松尾ワールドとどのような化学反応を起こすのか必見だ。雄介の妹リク役には、モデルとして人気を博し、主演映画『ダンスウィズミー』で注目を浴び、女優としての活躍の場を広げ、舞台初出演となる三吉彩花。

広告の後にも続きます

流れ者の葉蔵役には、舞台『エダニク』で主演を果たし、映画、ドラマ、ラジオと幅広く活躍する稲葉友、雄介の婚約者蝶子役には、音楽劇『トムとジェリー』でヒロインを好演した山下リオ、芸人、俳優、ミュージシャンとマルチに活躍するマキタスポーツが集落の医者赤痢役で舞台初出演、集落の女警備長島森役には、舞台のみならずドラマ『真田丸』『あなたの番です』など多くの話題作に出演し確かな演技力を誇る峯村リエ、雄介の母ハル子役には劇団☆新感線の看板女優で舞台を中心に活躍し、2016年には第51回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した高田聖子が満を持してシアターコクーン初登場。雄介の兄地介役には、舞台から映画、バンド活動と多岐にわたって活躍する、唯一無二の存在感を放つ個性派俳優六角精児が確かな演技で支える。

さらに家納ジュンコ、もう中学生、湯川ひな、武居卓に加え、ノゾエの劇団はえぎわより町田水城、山口航太といったバラエティに富んだ個性豊かな実力派キャストが集結した。

松尾とは師弟関係でもあるノゾエが松尾から託されたこの戯曲に、どのようなアプローチで挑むのか。フレッシュで斬新な顔合わせで次代を担う若き才能が、シアターコクーンに新たな演劇シーンを誕生させる。

このたび松尾、ノゾエ、瀬戸、三吉からコメントが到着した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル