top_line

街の中もクリスマス?【アメリカ・ロサンゼルス】

ワウネタ海外生活


車社会のアメリカ、これが如実に表れるのが、ハイシーズンです。

ハイシーズンというのは、繁忙期の意味ですが、車社会の繁忙期といえば、連休ですよね。
あまりアメリカという国は連休がないのですが、サンクスギビングやクリスマスには大きな連休があるので、そこで誰もが移動するのです。

そのため、ちょっとこの写真ではわかりづらいかもしれませんが、白と赤のコントラストがフリーウェイには繰り広げられるのです。
それは何かというと、バックライトの赤、そして、フロントライトの白が両サイドに広がり、上から見ると、1列に赤、もしくは白のライトが入り乱れて、クリスマスシーズンであれば、フリーウェイも自然とクリスマスカラーに染まるというわけです。

それが、11月から1月の頭まで続くのですが、確かにそれを客観的に見れば「おー!」となります。
でも、自分がその中にいたら一刻も早くこの場を抜け出したいと思う、全く持って幻想的ではない状況に陥いるのです、

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル