top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三浦春馬、アンドリュー・ロイド=ウェバー日本初演作品への強い思いとは 『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』

SPICE

三浦春馬、アンドリュー・ロイド=ウェバー日本初演作品への強い思いとは 『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』


ミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーが手がけた『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』が、ロンドン・ウエストエンド初演から22年を経て遂に日本初演される。1950年代末のアメリカ・ルイジアナを舞台に、脱獄囚「ザ・マン」と、彼をイエス・キリストの生まれ変わりだと信じてしまう少女スワローを軸にした物語で、三浦春馬と生田絵梨花という顔合わせも楽しみなところ。「ザ・マン」を演じる三浦春馬に話を聞いた。

ーーアンドリュー・ロイド=ウェバー作品初挑戦となります。

「ザ・マン」という男は、闇のようなものを抱いていて、世の中を信じられず、自分の存在についてさえ疑心暗鬼になっていた。それが生田さん演じるスワローという純粋な少女に出会い、その心にふれたことで、彼の中で自分自身を肯定できる瞬間が一瞬訪れる。そんな心の浄化のようなものを、二時間半もしくは三時間という時間の中でどう演じられるか、とても興味があって、そこでやりたいと手を挙げさせてもらったという感じなんです。完全なるミュージカルをやる難しさを感じつつも、心の動きをどう表現できるか、新たな思いで取り組みたいと思いました。¬これまでにも音楽劇やミュージカルをやらせていただいてきましたが、セリフを歌に乗せるという経験はなかったんです。どのナンバーもショーアップされている、そんな演目しかやって来ていないので、そこが新たな挑戦だなと思っていて。いかに自然に、お客様にうまく届けられるか、怖い部分でもあり、楽しみな部分でもあります。​

作品についてはいろいろと映像を見ました。どのカンパニーでも、アメリカ南部の雄大な景色を表現したいのか、割と舞台装置がシンプルなので、そこを演出の白井晃さんがどう作り上げていくのか、僕としても楽しみにしているところです。ゴスペルが流れたり、宗教の流れを汲んでの演出ということは絶対出てくると思うので、キリスト教を重んじる人々を描写する上で舞台装置をどのように白井さんが演出に取り入れていくのか楽しみです。​


三浦春馬



広告の後にも続きます

ーーアンドリュー・ロイド=ウェバー作品の印象は?

最初に接したアンドリュー・ロイド=ウェバー作品は『オペラ座の怪人』で、20代前半にロンドンで観たんですが、ただただ圧倒されました。シャンデリアを使った演出など、劇場自体は小さいけれども、余すことなくステージングされているなと。客席の上さえ埋めるように使っている演出が忘れられないです。ただ、自分でやりたい、やれるとは想像できなかったです。当時の自分は舞台作品としては地球ゴージャスの公演を経験したくらいで、ミュージカルというジャンルで戦えるとはまったく思っていなかったですから。ミュージカルという産業で、一人のプレイヤーとして仕事できる可能性を思い描けるようになったのは、『キンキーブーツ』以降のことなんです。だからその当時は素直に「すごいな」と思っていました。​

ーー歌唱面について何か準備しようと考えていらっしゃることはありますか。

カントリー・ミュージックのようにアメリカ南部に根付いているバイブスにふれるのもいいよねと、歌唱指導の先生がおっしゃっていて。1950年代に根付いていた雰囲気やリズムを自分の中に入れておいてもいいかなと思っています。準備としては、これは『キンキーブーツ』に入る前にやっていたことと同じになってくるんですが、自主練、声出しです。今まで習ってきた基礎トレーニングを、一時間なり一時間半なりまた続けないと、舞台に立つ上での体力が続かないだろうなと。最近は映像の仕事が多くて、基礎トレーニングもなかなかできなくなっていて……。地方での撮影の合間にカラオケに行って声を出したところ、やっぱり弱っていたので(苦笑)、またやらなきゃと思っています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル