top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

polly・越雲龍馬インタビュー 最新作『FLOWERS』へと至る間、何が起きていたのか

SPICE

polly・越雲龍馬インタビュー 最新作『FLOWERS』へと至る間、何が起きていたのか

より美しく、より儚く、より深く。より優しく。そして、これまでは塗りつぶすようにしてきた温もりや希望の光までもが、その音からは聞こえてくるようになった。THE NOVEMBERSの小林祐介をプロデューサー/共作に迎えた3rdミニアルバム『FLOWERS』でpollyは、明らかに進化し、変化している。それらは何故、いかにしてもたらされたものなのか。このバンドの表現や歩みの進め方において大きなウェイトを占めているフロントマン・越雲龍馬と、前作のリリース時以来およそ1年半ぶちに語り合うことで、『FLOWERS』誕生に至るまでを追った。

——『FLOWERS』がリリースされて以降、どんな反響が届いてますか。

今までで一番良いリアクションをいただいてます。今回はメロディや歌詞に焦点を当てて反応をくれる人が多い印象があって。

——メロディが綺麗なのはもともとpollyの持ち味ですけど、それをより前面に出したい意図はあったんですか。

そうですね。前作 (『Clean Clean Clean』)ももちろんメロディに関してはこだわっていたんですけど、今回はより言葉が届くようなメロディラインであったりコード進行だったりとかを、プロデューサーに迎えた小林(祐介/THE NOVEMBERS)さんと話し合っていましたね。

——その前作は、いま振り返るとどんな作品だったと思いますか。

広告の後にも続きます

自分でどうにか全部の責任を負おうとしてました。やりたいことにすごく忠実に焦点を当てて作った作品だったんですよ。それはそれで自分の中ではすごく手応えがありましたし、今でも愛せる作品だとは思ってます。ただ、それに対して思い描いていたような世の中の反応や、自分の見る景色が変わったりすることはなくて。求めている場所を広く深く高く見過ぎていて、そこに追いつけなかった現状があったなっていう。

——『Clean Clean Clean』へ至るまでには、バンドを続けること自体に迷いが生じたこともありましたよね。前作から今作へ至る間は、そういう精神的なモードとしてはどうだったんでしょうか。

前作以前のバンドの状態の悪さっていうのは、「良い場所に行きたい」とか「認められたい」という欲求——バンドの欲求というよりも、自分個人の欲求によるものだったんですよ。手の届かないような人物になりたいというような欲求があった故の、バンド内に対してのストレスとかを、自分で振りまいたくせに、返ってきたアクションに対してまたストレスを感じてしまう悪循環だったんですけど、今作を作るにあたっての1年ちょっとの間にも、バンドを続けるのってすごく難しいなっていう思いはあったんです、実は。
『Clean Clean Clean』が自分のビジョン通りにいかなかった、自分の世界がすべてだった自分に対して、世の中が無言の結果を出したことに打ちのめされました。バンドを4人でやっているのに、なんで自分だけの世界にいたんだろう?と思って、でも今さら修復するのもすごく難しくなっちゃったなっていう思いもあって。

——あえてバンド内での独走を厭わないスタンスでしたからね。

はい。ただ、そこに対してスタッフの人たちや小林さんが、「言葉の伝え方一つで全然お互いの関係は変わるし、良い風に向くから」って言ってくれて。そこから自分の独りよがりだった部分を、「この人はこういう言い方だと傷ついちゃうから、どうすれば腑に落ちるような伝え方になるんだろう」ってちょっと言い方を変えたりだったり、伝え方を変えることを考えながらやっていった結果、『FLOWERS』を作るにあたってはバンドの状態や雰囲気、自分の精神的状態はすごく良くなっていきましたね。
だから、前みたいに自分が突っ走って、止まっている奴らですら襟元を掴んで引っ張っていく感じじゃなくて、自分が一緒にやってくれている人たちの方を向きながら前進していっているような感じはしました。だから、バンドでちゃんと作った作品というか。本当に楽しめて作品を作れた感覚でした。

——もう、この時点ですごく良い話を聞けてますよ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル