top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ケイコ・リーが2年ぶりにニュー・アルバム『The Golden Rule』を発売 アルバムにかけた想いとライブへの抱負とは

SPICE

ケイコ・リーが2年ぶりにニュー・アルバム『The Golden Rule』を発売 アルバムにかけた想いとライブへの抱負とは


人気・実力ともNo.1ジャズ・ヴォーカリストとして国内外で人気を確立しているケイコ・リーが2年ぶりのニュー・アルバム『The Golden Rule』を12月4日(水)にリリース。それに伴い、『“The Golden Rule” Launch Event』と題するイベントを12月4日(水)・5日(木)に渋谷のeplus LIVING ROOM CAFE & DININGで開催する。ニュー・アルバムにかけた想いとライブへの抱負を語ってもらった。

ーーニュー・アルバム『The Golden Rule』を12月4日(水)にリリースされますね。2年ぶりということですが、どんな想いが込められているのでしょうか。

これまで毎年のようにアルバムをリリースしてきたんですが、2年前にアルバムを出してライブも行い、バンドとも良い感じで馴染んできて身体に入ったという感触があります。それを経ての新アルバムなので、これくらいの期間がちょうどいいのかなと思っています。1年周期だと、曲や演奏が熟成する前に、もう次のアルバム製作に入らなきゃならないから慌ただしいので。

ーーサイケデリックなジャケットが素晴らしいですね。これは大串亮平さんにオファーされたとのこと。このいきさつを教えてください。

佐賀でライブをやった後の打ち上げで行ったレストランで、たまたま大串さんが個展をやっていらしたんです。その作品を見たときに“これは素晴らしすぎる”と思ったんです。ちょうどその頃、次のアルバムのコンセプトやアートワークを考えていたときだったので、作品のサイケな雰囲気やタッチが70年代~90年代の選曲とピッタリなんじゃないかと直感したんです。

広告の後にも続きます

ーーニュー・アルバム『The Golden Rule』は80年代AOR、ディスコ、ソウルなどが中心になっています。このコンセプトについて教えてください。

ウチのメンバーと次のアルバムのことを話していたときに「やっぱり僕らは70年代、80年代だよねー」という話になったんです。野力奏一(Pf)さんや岡沢章(Bs)さんはドンピシャの年代だし、私も背伸びしてその頃の音楽を聴いていたので。あまりマニアックなものじゃなく、タイトルを見たりワンフレーズ聴いただけで盛り上がれるような有名な曲をセレクトしようということになりました。それでもここまでに絞るのは大変でしたけど(笑)。音楽の黄金期ですから、良い曲がありすぎちゃって。

ーーそれにしても、AOR、ディスコ、ソウル、ハウス、ロック、ポップス、日本の曲カバー「Timeless」があって、もちろんジャズと、守備範囲の広さには驚きます。こういう素養をどうやって身に付けられたのですか。

邦楽はテレビが多かったんですが、洋楽はラジオがその頃は充実していたのでよく聴いていました。FM雑誌で何時何分に放送されるかを調べてそれをエアーチェックしていました。カセットテープに録音して。そういうときに聴いて身に付いたものを今回はセレクトしている感じです。

ーーでは、曲について聞いていきます。「We Will Rock You」ですが、この曲のメロディって独特で、ほぼ2ノートなんですよね。単調といえば単調ですが、これを歌いこなす秘訣とは。さらに音が混沌とするアレンジが効いています。

この曲はメロディというよりは、歌詞の言葉の強さで抑揚を付けるという感じかな。平坦に歌うと、どうにも格好良くならないんです。これは20年前くらいの録音なんですが、アレンジも含めてそんな前だったとは思えないですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル