top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

過去に紅白歌合戦の司会者だった意外すぎる芸能人とは!?

JOOKEY

7位:斉藤由貴 10.0%

8位:西田敏行 9.0%

8位:仲間由紀恵 9.0%

10位:水前寺清子 8.0%

10位:武田鉄矢 8.0%

 
 

●歌謡界の女王が司会まで⁉ 1位:美空ひばり

広告の後にも続きます

日本人なら誰もが知っていると言えるほど、歌謡界を代表する美空ひばりさん。1989年に亡くなって以降も、その人気が衰えることはありません。ひばりさんが司会を務めたのは1970年の第21回のときでした。ひばりさんは1954年と1957年から1972年までの通算16年、合計17回出場し、トリや大トリを13回も務めています。亡くなられて30年を迎えた今年の紅白には、AI技術で美空ひばりさんが復活し秋元康さんプロデュースの新曲を披露する予定です。時代を超えてなお活躍するひばりさん、必見ですね!!

 
 

●笑いたっぷりの司会ぶり!! 2位:みのもんた

人気司会者として長年活躍されていたみのもんたさんも、紅白で司会を務めた経験の持ち主。2005年の第56回のときに総合司会に選ばれました。当時みのさんが司会をしていた他局の番組『午後はおもいっきり○○テレビ』『みのもんたの朝ズバッ!』になぞらえ、司会中に「おもいッきり、ズバッ!と」と話したり、大トリでSMAPを紹介する際には「どなたの曲?ファイナルアンサー?」と白組司会者とやり取りする場面もありました。時折笑いを交えながら、ウィットに富んだ司会ぶりだったようです。

 

 

●大河コンビとして司会就任!! 3位:山本耕史

俳優の山本耕史さんも、実は紅白歌合戦で司会を経験した人の一人。2位のみのもんたさんと同じ2005年の第56回のときで、白組司会者を務めました。山本さんは2004年の大河ドラマ『新選組!』に出演し、あまりの人気ぶりに2006年のお正月ドラマで続編を放送。その続編で主演を務めました。赤組司会者は仲間由紀恵さんで、2006年の大河ドラマで主演に抜擢。大河コンビが紅白司会をするという、特徴的な年だったようです。


 

■司会者まで注目される歌番組

紅白歌合戦は司会者まで毎年大きな話題となっています。歴代司会者はその年の様子や当時の時代を反映しているようでした。歌だけじゃなく司会ぶりも楽しめる、紅白が長年愛され続ける理由の一つかもしれませんね。

 
 

 

HORANE調べ

2019年11月

調査対象:10~40代の男女

通勤中、在宅時の空き時間、お子様への読み聞かせにも!「耳で聴く本」オーディオブックをmydaizにて好評配信中!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル