top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アーセナルの戦術、選手起用法は? 出口の見えない不振でエメリ監督は解任、戦い方は定まらず【序盤戦レポート(2)】

フットボールチャンネル

アーセナルの戦術、選手起用法は? 出口の見えない不振でエメリ監督は解任、戦い方は定まらず【序盤戦レポート(2)】

アーセナルの戦術は?

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第2回はアーセナル。(文:編集部)
——————————————————

 アーセン・ヴェンゲルによる長期政権が終わり、ウナイ・エメリが後任に就いた昨季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)で決勝進出。しかし、プレミアリーグでは終盤の失速が響いて5位に終わり、今季もELを戦うこととなった。

 ディフェンシブサードでの守備の脆さと「攻」から「守」への切り替え、といったこれまでの課題は残されたまま。序盤戦は4バックを多用していたが、うまくいかないと判断して3バックを試用している。昨季は試合中も厭わずに3バックと4バックを使い分けて試合の流れを引き寄せた試合もあったが、今季は結局どちらもあまりうまくいっていない。バックラインの数が問題ではなさそうだ。

 多く使われるシステムは4-2-1-3、4-3-1-2、3-4-1-2といったところか。トップ下が存在する形をエメリは好んだが、序盤戦はMFメスト・エジルを頑なに使おうとしなかった。MFジョセフ・ウィロック、MFダニ・セバジョスが起用されたが、結果にはつながらなかった。

 結果的に就任2年目を迎えたエメリ政権は暗礁に乗り上げた。ELでフランクフルトに逆転負けを喫したアーセナルは、11月29日にエメリ解任を決断。アシスタントコーチを務めていたフレドリック・ユングベリを暫定監督に据えた。

安定感を欠くディフェンスライン

広告の後にも続きます

 GKベルント・レノは唯一、安定感のあるパフォーマンスを発揮していると言えるだろう。昨季のセーブ数はビッグ6で最多の105を数える。今季はそれを越えるペースでセーブ数を記録しており、不安定な守備陣を支える貴重な存在になっている。

 センターバックにはDFソクラティス・パパスタソプーロス、DFダビド・ルイスが並ぶ。チェルシーから加入したダビド・ルイスは高い足下の技術で攻撃の起点となることができるが、チームとしてはビルドアップに苦戦する試合が多い。特にソクラティスが狙われるケースが多く、不用意なボールロストからピンチを招いている。

 フルハムから復帰したDFカラム・チェンバースはサイドバックとセンターバックで起用され、前十字靭帯断裂から復帰したDFロブ・ホールディングも第12節でリーグ戦復帰を果たした。序列が下がっていたDFスコドラン・ムスタフィも、徐々に出場機会を増やしている。

 夏の移籍市場が閉まるギリギリのタイミングでDFナチョ・モンレアルが去った左サイドバックはDFセアド・コラシナツが務めていた。だが、10月に戦線復帰した新加入のDFキーラン・ティアニーもその座を狙っている。

 DFエクトル・ベジェリンは前十字靭帯断裂の大怪我で欠場が続いていたため、右サイドバックはMFエインシュリー・メイトランド=ナイルズが起用されていた。しかし、本職がサイドアタッカーの22歳は安定感に欠け、チェンバースの起用が増加。ベジェリンも10月に復帰を果たした。

ジャカの問題行動と不遇のエジル

 中盤は開幕からMFマテオ・ゲンドゥジと、今季より主将を務めるMFグラニト・ジャカが中心となっていた。しかし、第10節のクリスタル・パレス戦で途中交代の際にファンからのブーイングに反応したジャカは、ファンに向かって暴言を吐いてしまった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル