top_line

今のマンUに欲しい!? 宿敵リバプールの悪夢となった得点王ベルバトフのオーバーヘッド弾を今一度

フットボールチャンネル

今のマンUに欲しい!? 宿敵リバプールの悪夢となった得点王ベルバトフのオーバーヘッド弾を今一度

 マンチェスター・ユナイテッドが不振を抜け出せない。こんなときは、過去の良い思い出に浸って厳しい現実から目をそらすのも悪くはないはずだ。プレミアリーグ公式ツイッターは2日、2010年のユナイテッド対リバプールの一戦の動画を紹介している。

 ユナイテッドは2010/11シーズンのプレミアリーグで優勝した。このシーズンに特に輝いた一人が、FWディミタール・ベルバトフである。

 中でも9月19日に行われたリバプールとのナショナルダービーは、ベルバトフのゲームといっても過言ではなかった。

 セットプレーにヘディングで合わせて先制点を記録すると、後半にはスーパーゴール。右からナニが上げたクロスをゴールを背にしてももでコントロールすると、そのままオーバーヘッドで追加点を決めた。その後追いつかれたユナイテッドだが、再びベルバトフがゴールを決めて勝ち越しに成功。エースのハットトリックで白熱の一戦を制している。

 ベルバトフはこのシーズン、マンチェスター・シティのカルロス・テベスと同じ20ゴールを挙げて得点王となった。

 ユナイテッドに敗れたリバプールは、2010/11シーズンのプレミアリーグを6位で終えた。現在のユナイテッドとリバプールの力関係とは真逆ともいえる状況だ。栄枯盛衰。ユナイテッドは再び栄光の時代を迎えるために努力を続けるほかない。

 プレミアリーグ公式ツイッターは、ベルバトフがオーバーヘッドで決めたゴールを動画で紹介。再びオールド・トラフォードがこのような歓喜に包まれる瞬間はいつ訪れるだろうか。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル