top_line

古谷一行、加藤シゲアキ演じる金田一耕助のバディ役に「最初は戸惑いましたが…」『悪魔の手毬唄』

テレビドガッチ


古谷一行が、12月21日(土)21時15分から放送されるNEWS・加藤シゲアキ主演のスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(フジテレビ系)に出演。古谷は、加藤が演じる金田一耕助のバディ、岡山県警警部・磯川常次郎(いそかわ・つねじろう)役を演じる。

本作は、ミステリー&ホラー小説界の巨匠・横溝正史が手掛けた“金田一耕助シリーズ”の中でも、名作の呼び声高い一本。横溝自身が傑作と認めたミステリー作品で、怨念めいた村を舞台に血で血を洗う争いが描かれる。身も心も震える今作で、加藤演じる金田一がずばぬけた洞察力と明晰な頭脳を武器に、この年末も名推理をみせる。そして、金田一耕助シリーズの連続ドラマ(1977-1978年)やスペシャルドラマ(1983-2005年)で長きにわたり金田一耕助を演じてきた古谷が、本シリーズで自身初となる金田一以外のキャラクターを演じる。

今回の出演について古谷は、「金田一耕助ではないキャラクターを演じることに最初は戸惑いましたが、年を重ね、今の自分が金田一のバディである磯川警部を演じたらどうなるのか次第に興味が沸いてきました。ぜひやってみようかなと思いお受けしました」とコメント。また、ドラマで最も多く金田一耕助を演じてきた俳優でもある古谷は、「今でも金田一が体に染みついている」と語り、監督に「金田一」と呼ばれると体が勝手に反応してしまうというエピソードを明かした。

古谷が演じる磯川警部は、岡山県警にて確かな地位を築いている警部。金田一とは“獄門島殺人事件”など過去にも一緒に事件を解決したことがあり、確かな信頼関係と深い友情で結ばれている。キャリアもあり、洞察力にも優れた名警部であるが、20年前に鬼首村で起きた青池源治郎(あおいけ・げんじろう)殺人事件は解決できなかった。そのことを長く悔やんでいて、亡き源治郎の妻、青池リカ(あおいけ・りか/寺島しのぶ)のために、なんとか事件解決の糸口を見つけるべく金田一を呼び出す、という役柄だ。

一方、古谷と今作で初共演となる加藤は、「金田一を長年演じてこられた古谷さんが出演されると聞いて、“こんなことがあるんだ!”とビックリしましたし、改めて襟を正して臨まなければと緊張しました」と語り、さらに「あたたかく見守ってくださってとても心強いですし、“どう、楽しんでる?”と気さくに接してくださって、緊張感がありながらも楽しく撮影に臨めています」と語った。堅い友情で結ばれる金田一耕助と磯川常次郎が、迷宮入り事件をどのように解決に導いていくのか注目が集まる。

<あらすじ>
岡山と兵庫の県境にある鬼首村(おにこうべむら)では由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、二つの名家が対立していた。岡山県警警部・磯川常次郎(古谷)の依頼を受け、金田一耕助(加藤)はその村にある亀の湯という温泉宿を訪れる。そこの女主人である青池リカ(寺島)は、20年前に起きた悲惨な事件によって夫の源治郎を亡くしていた。そしてその犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。ある日、鬼首村出身の人気歌手、大空ゆかり(中条)が帰郷するということで村中が活気づく中、リカの息子、歌名雄(小瀧望)の婚約者である由良泰子(菅野莉央)が滝つぼで死んでいるのが発見され……。

TOPICS

ランキング

ジャンル