top_line

「自分たちのせいだ…」隣人の超特急・草川拓弥&大野いと、サクラの病に関係が…!?『同期のサクラ』第8話

テレビドガッチ


高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、12月4日に放送される。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。また、サクラの同期役として橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出演する。

「大号泣回!!」として非常に話題になっている「同期のサクラ」の第7話。「故郷の島に橋を架ける」という夢と、一番大事な祖父を同時に失ったサクラ。今後の展開が非常に見逃せない。さて、このドラマが注目されているポイントに、2009年からの10年間を1年ごとに1話ずつ描いていく方式を取っていること。これまでの放送では、2009年から2015年までの7年間が描かれている。10年間全く変わらないサクラとは対照的に描かれているのが、サクラのアパートの隣に住む隣人カップルだ。隣人カップルを演じるのは、脇田草真役の草川拓弥(超特急)と中村小梅役の大野いと。サクラたちが住むアパートは、住宅を隔てる壁が非常に薄い為、常に2人の会話はサクラに筒抜けだ。

隣人カップルは、髪型も服装もほぼ変わらないサクラとは違い、髪型も服装もどんどん変化していく。第1話ではカップルだった2人も、第2話では妊娠が発覚し、第4話では赤ちゃんの子育てに振り回される2人の姿が。いつも2人は喧嘩をしているが、カップルから夫婦になり、懸命に子育てをする親として、めまぐるしく変化し続ける。

1年を1話で描いていくため、2人の子供である良樹(よしき)くんも成長が早い。ついこの間までは赤ちゃんだったのに、どんどん成長していく。

転職を繰り返しながらも、子育てに奮闘する脇田夫婦と2人の子供の良樹君は、サクラの運命にこのあと深く関わることとなる。第8話では、隣人親子でもあるこの3人に注目だ。

<第8話あらすじ>
2019年12月。サクラ(高畑)の病室には百合(橋本)、葵(新田)、菊夫(竜星)、蓮太郎(岡山)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川)と小梅(大野)が訪れ、「こんなことになったのは自分たちのせいだ」と頭を下げる……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル