top_line

久保建英「ベティスのGKを褒めるしかない」。チャンスに数多く絡むもゴールならず

フットボールチャンネル

久保建英「ベティスのGKを褒めるしかない」。チャンスに数多く絡むもゴールならず

 リーガエスパニョーラ第15節のマジョルカ対ベティス戦が現地時間11月30日に行われ、アウェイのベティスが2-1で勝利を収めた。マジョルカの日本代表MF久保建英の試合後のコメントをクラブが公式YouTubeチャンネルで伝えている。

 リーグ戦4試合連続の先発出場で右サイドに入った久保は、シュートやラストパスなど多くのチャンスに絡む躍動を見せたが、チームの勝利には繋がらず。前半に2点を奪われたマジョルカは後半に反撃に転じたがPKで1点を返すにとどまった。

「前半と後半で全く違った。いつもホームで見せているようなマジョルカの戦いができなかった」と久保はコメント。前半について「相手のプレーはほとんど自分たちのミスから生まれていた」とチームの低調なパフォーマンスを悔やんだ。

 後半の戦いぶりについては「相手よりはるかに良かったと思う」と久保も話しているが、ベティスのGKジョエル・ロブレスが好守で立ちはだかった。「ベティスのGKは僕らよりはるかに上だった。決定機は多かったが止められてしまった。彼を褒めるしかない」と久保は相手GKを称えている。

 自身のプレーについては「いくつかチャンスはあったが決められなかった」と反省。「もっと自信を持ってプレーを終えられるように、ゴールやアシストができるように、攻撃に存在感を出せるようにしなければならない」とさらなる成長への意欲を示した。

 久保は好プレーを見せてはいるがマジョルカはここ4試合で1勝3敗と苦戦が続き、順位も降格圏間際の17位に位置している。次節は今月7日、久保の“古巣”であるバルセロナとのアウェイゲームを迎える。

TOPICS

ランキング

ジャンル