top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

恋する乙女は止まらない! 桐谷美玲主演ドラマ「人は見た目が100パーセント」第4話レビュー

music.jp|テレビ・映画

恋する乙女は止まらない! 桐谷美玲主演ドラマ「人は見た目が100パーセント」第4話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 桐谷美玲が主演を務めるフジテレビ系列ドラマ「人は見た目が100パーセント」。5月4日(木)に放送された第4話では、自分に自信が一向に持てない純が、恋をきっかけに少しずつ変わってゆく。Twitterでのハッシュタグは「#ひとパー」という愛称となっているこのドラマ。主人公・純のハッピーエンドを期待したい。

第4話あらすじ

見た目に気を使わない地味なリケジョの3人組、城之内純(桐谷美玲)、前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)は、自分たちのことを、見た目が悪いため仕事も失いかけている“絶滅危惧種”と卑下する。

純は、人気美容室「ルーチェ」の美容師・榊圭一(成田凌)に恋するが、自分に自信が持てない。
聖良と満子に励まされ、純は榊に「こんな純粋な黒髪を久々に見た」と褒められた髪をもっとブラッシュアップして、魅力的になろうと決意する。

調べるのは得意なリケジョ

シャンプーを調べようと、リケジョの得意な研究が始まる。
満子は夫に「最近髪が薄くなってきたんじゃない?」と言われたことで、加齢を気にしていると純たちに告白する。
純たちはシャンプーの口コミ情報を比較・検討し、自分に合ったシャンプーの研究に乗り出す。

憧れのステキ女子のようになりたい!

広告の後にも続きます

自分に合った種類のシャンプーを見つけ、少し自信をつけた純。
美容室の前で隠れて榊の様子を見ていると、庶務課の“ステキ女子”こと岸根香澄(足立梨花)と森村美優(岡崎紗絵)がやってきて、榊と楽しそうに会話する。
榊が去った後、香澄が「もらったシャンプーのサンプルを使って感想をメールしたら即レス来た〜!」と嬉しそうに話している姿を見て、純は自分もメッセージを榊に送ろうとするが、勇気が出ない。

美髪のためには、女性ホルモンが鍵

TOPICS

ランキング

ジャンル