top_line

冷めかけた彼の気持ちを復活させる方法3つ

愛カツ

交際期間が長くなると、お互いの癖や考え方の違いに、イライラしてしまうことも多くなるでしょう。

付き合いはじめは、お互いを受け入れようとしていたけれど、時間の経過とともに薄れていくのかもしれません。

それが俗に言う「マンネリ化」。

どのカップルにも発生する登竜門ではありますが、マンネリを乗り越えられなければ結婚へは進めません。

今回は、マンネリ化の関係から彼の気持ちを復活させて、ラブラブな関係になるポイントをまとめてみました。

思いきったイメチェン

付き合いが長いと、ファッションやメイクにも見慣れてしまいます。

オフ時に「またジャージ?」「また、すっぴん?」などと、お互い心の底では思っていても、「別にいいか…」と流されがちにもなります。

これでは、まるで熟年夫婦。

変化がないと、トキメキは蘇りません。

ふだん地味めのファッションやメイクをしている方なら、少し華やかなメイクやファッションでコーディネートしてみましょう。

逆に、派手なファッションやメイクが定番になっている女性は、ナチュラルスタイルを意識してみても良いですね。

思いきったイメチェンで、いつもと違う自分をアピールしてみてください。

誤解を招いていないか話し合いをする

時間が経つにつれ、相手の嫌な場面や癖を許せなくなることがあります。

特に喧嘩をしたわけではないのに、会話がグンと減って、これこそ倦怠期の厄介なポイント。

些細な行き違いで、誤解が生じてしまって関係が悪化することもあります。このままでは良くないと思ったら、たまっていることを打ち明け合い、関係を立て直す努力をしましょう。

こうした話し合いは、仕事の繁忙時期などを避け、お互いに気持ちが落ちついている時が良いですね。

2人が冷静でいられるタイミングを見つけて、話し合う機会を作りましょう。

二人の思い出の土地に行ってみる

マンネリ化が進行すると、デートで遠出することもなく、自宅や近所などのありきたりな場所になってしまいがちです。

デートコースを一転させると、停滞した関係も気分も変わりますよ。

気の利いたデートスポットが思い浮かばない場合は、初心に帰るべし!

二人が出会った場所や、二人で訪れた旅先などを訪れてみましょう。

思い出の場所をデートしたら、付き合い始めた時のフレッシュな気持ちがよみがって、お互いの大切さを実感できるはず。

おわりに

彼の気持ちが冷めかけていると実感する時期は、多くがマンネリ化による倦怠期。

「このまま2人の関係を終わらせてしまうのは絶対に嫌だ!」という思いが少しでもあるなら、まずは行動あるのみ!

上記を参考に2人の想いを確認しあい、愛を復活させてくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル