top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

おぎやはぎが明かした「架空請求詐欺」裁判所から本物の書類が…

SmartFLASH

 

 おぎやはぎの小木博明が、11月27日放送の『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』で「ネオ架空請求」の被害に遭いそうになったことを明かした。

 

 番組では、無視すると財産が差し押さえられる「ネオ架空請求詐欺」を紹介。簡易裁判所から支払督促の封書が届き、無視していると、やがて「仮執行宣言付支払督促」が届き、最終的には「債権差押命令」が届くという。

 

広告の後にも続きます

 

 詐欺集団が簡易裁判所に虚偽の申し立てをして、本物の書類を発行し、財産を差し押さえることがあるという。

 

 法律上、裁判所が発行した督促状を無視すると、相手の主張を認めたことになる。60万円以下の少額訴訟の場合、証拠の提出が必要なく、裁判も開かれないため、差し押さえられた金銭は裁判所を通して詐欺師の懐に入ってしまう。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル