top_line

「機動戦士ガンダム」富野由悠季監督、文化庁長官表彰を受賞 芸術文化の振興への多大な貢献から

アニメ!アニメ!

「機動戦士ガンダム」富野由悠季監督、文化庁長官表彰を受賞 芸術文化の振興への多大な貢献から

『機動戦士ガンダム』や『Gのレコンギスタ』といった『ガンダム』シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督が、令和元年度文化庁長官表彰を受賞したことがわかった。

文化庁長官表彰とは、文化活動に優れた成果を示し、日本の文化の振興に貢献した人や団体、および日本文化の海外発信、国際文化交流に貢献した人や団体を対象に、その功績をたたえて文化庁長官が表彰するもの。富野監督は、令和元年度の被表彰者全74人のうちのひとりとなった。

なお富野監督の表彰にあたっては、「永年にわたり、アニメーション監督として優れた作品を数多く発表すると共に、後進の育成にも努め、我が国の芸術文化の振興に多大な貢献をしている」ことが理由とされている。
表彰式は、12月6日に文部科学省第2講堂にて挙行される予定だ。

TOPICS

ランキング

ジャンル