top_line

中居正広、数々の珍プレーに「詐欺です」とバッサリ「プロ野球被害者の会」も登場

テレビドガッチ


中居正広がMCを務める『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2019 にわかファン大歓迎!1年に一度だジャッカルSP』(フジテレビ系)が、12月1日(日)19時から放送される。

令和最初、ゴールデン復活5年目となる今年の『珍プレー好プレー』は、「オープニング珍」「ハプニング珍1」「痛い珍」「ジャイアンツ珍」「怒り乱闘珍」「パフォーマンス珍」「ハプニング珍2」「MLB珍」「好プレー」の豪華9部門。日本プロ野球選手会の強力なバックアップのもと、12球団のおよそ500人の選手にアンケートを実施し、選手たちが選んだ最新珍プレー・好プレーをご紹介。また、これまでの時代を彩ってきた“昭和”と“平成”の珍プレーの数々も登場する。さらに、2年前に始まり、好評を博してきた「プロ野球被害者の会」が、今年も登場する。

業界一の野球好きと言っても過言ではない中居がMCを務め、進行は、ザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也と、宮司愛海アナウンサーの2人。『珍プレー好プレー大賞』の見どころの1つとなっている“おもしろナレーション”は、今年も山崎が担当する。審査員は、井戸田潤・小沢一敬(スピードワゴン)、今田美桜、井森美幸、岩本勉、関根勤、達川光男の7人が務め、審査委員長はみのもんたが務める。また、巨人コーチゲストとして元木大介が、プレイヤーズゲストとして、秋山翔吾(埼玉西武)、石川雅規(東京ヤクルト)、角中勝也(千葉ロッテ)、炭谷銀仁朗(巨人)、福田秀平(千葉ロッテ)、松田宣浩(福岡ソフトバンク)の豪華6選手が出演する。

「ハプニング珍1」で紹介された、秋山選手ら複数の選手がグラウンドでつまづく場面について、「僕は手をついて転んではいないので! 倒れなかっただけ強いです」と言い張る秋山選手。しかし中居に「なぜ転んじゃうんですかね?」と話を振られた松田選手の辛口な一言に、スタジオは笑いに包まれる。「痛い珍」では、バレンティン選手(東京ヤクルト)の股間にクッションボールが直撃する映像が登場。痛みにもん絶する姿に、中居と山崎も思わず顔をゆがめてしまう。これに対し、同じくボールが直撃した経験のある炭谷選手はその時の心境を語る。「怒り乱闘珍」では、打席に入った際、ピッチャーのネックレスにクレームをつけた角中選手に、中居が迫る。「(ネックレスが)ユニホームの外に出ていて、すごく気になっちゃって……」と、当時の経緯を説明するも、中居が放った鋭い一言に、角中選手はたじたじに。「パフォーマンス珍」では、審査員の達川が現役時代に見せた珍プレーが登場。デッドボールのふりをしたり、デッドボールにもかかわらずそれを我慢し平気なふりをするなど、数々の珍プレーに中居は「詐欺です」とバッサリ。当時デッドボールで大けがをしたと語る達川に対し、中居は「かわいそうって思えない!」と言い、笑いを誘う。

さらに、『珍プレー好プレー』の新たな名物企画になっている「プロ野球被害者の会」では、被害者たちが“一言言いたい!”とスタジオに集結し、当時の裏話をすべて語り尽くす。今回被害者として登場するのは、真中満、西口文也、ニッチロー’の3人。真中は、2015年のドラフト会議で起きたあの事件の真相とその後を語る。また、実はプレイヤーズゲストの中にも被害者がいるようで……。時に爆笑が起こる、彼らの赤裸々な告白に注目だ。そして、令和最初の「珍プレー大賞」に輝くのは、一体どのプレーなのか?

TOPICS

ランキング

ジャンル