top_line

「誰が黒幕?」最終話目前の『チート』で考察合戦!Snow Man岩本照の演技に絶賛の声も

テレビドガッチ


本田翼主演の連続ドラマ『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第9話が11月28日に放送された。インターネット上では、次週の最終話に向け「裏切者はいったい誰か!?」という考察や岩本照(Snow Man)演じる“大谷刑事”の演技力に注目が集まった。(以下、ネタバレが含まれます)

同ドラマは、年間被害総額が400億円にものぼる特殊詐欺をはじめ、若者たちにも魔の手が迫る詐欺事件をテーマに、人の心を見抜くことにかけては天才的な能力を持つヒロイン・星野沙希(本田)が、クセ者ぞろいの仲間たちと悪徳詐欺師を騙して懲らしめていく痛快ストーリー。

続発する詐欺事件に対処するために結成された、沙希をはじめクセ者が集うスペシャリスト集団「チート」。チートはこれまで様々な悪徳詐欺師を騙し返し、詐欺事件を解決に導いてきた。しかし第8話で、チートが最悪の詐欺集団に仕立て上げられた上、これまでに摘発した詐欺事件の犯人が1人も逮捕されていなかったことが判明する。

今回放送された第9話では、チートを潰そうとする動きが次第に明らかになる中、沙希は刑事の蓮見(桐山漣)に「チートについて聞きたい」と言われる。蓮見のもとにはチートを史上最悪の詐欺集団と告発するメールが届いていた。沙希は蓮見から、チートがこれまで追い込んだ詐欺師たちが1人も逮捕されていないと聞き、不審を抱く。さらに沙希は蓮見から、刑事でありチート創設者の安斎(風間俊介)が警察を辞めたことを知らされる。沙希が安斎に電話をかけると、すでに連絡が取れなくなっていた。

謎の占い師・星野(池内万作)の取調べをしていた蓮見は、自分の過去を語る。18年前、蓮見の父親は、星野が関わった架空の電子マネー・トスカを利用した詐欺に遭って蒸発。母親と蓮見が多額の借金を背負うことになった。蓮見は、家庭崩壊を招いた詐欺によってどれだけ苦しめられたか、星野にその恨みをぶつける。蓮見から沙希の写真を見せられ、動揺する星野。彼は覚悟を決めたように、トスカ詐欺の真相を語り始める……。

一方、安斎から「チートを潰しちゃってよ」と告げられたチートメンバーであり警察官の加茂(金子大地)は、チートのオフィスでパソコン内のデータを消去しようとする。しかし、パスワードが分からずロックを解除できない。そんな中、全ての事件の背後にいた伝説の詐欺師「ナミオカ」の正体が明らかになるも、沙希が「ナミオカ」の嫌疑をかけられ、警察に逮捕されてしまう……。

ネット上では、「先が全然読めない。一体最終話どうなっちゃうの?? すごい気になる」「誰が黒幕なんだろ、、、チート(ドラマ)ナミオカの正体は誰? 風間? 黒幕は加茂? 桐山?」といった最後の詐欺合戦を考察するコメントや、「え? ちょっと待って。大谷くん、ジャニーズジュニアなの。ん? はい? 俳優さんじゃない…だと。ふぁ??」「大谷刑事ってアイドルのひーくんじゃなくて、ザ俳優岩本照って感じですね」といった“#大谷刑事”のツイートが目立った。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル