top_line

古川雄大、悩殺王子となって天海祐希を翻弄!?『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』主要キャスト発表

テレビドガッチ


椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和が、天海祐希の主演ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系、2020年1月11日スタート、毎週土曜22:00~)に、メインキャストとして出演することが分かった。

同ドラマは、“脳”という神の領域に踏み込むために、何を手放してそのメスを握るのか、神の技術と人間の苦悩、医師のすべてを描くリアル・ドクターストーリー。『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『医龍-Team Medical Dragon-』などを手掛けた脚本・林宏司と、『女王の教室』の演出・大塚恭司という最強のヒットメーカーが集結する。天海が演じる脳外科医・深山瑤子(みやま・ようこ)は、東都病院・脳神経外科に務める脳動脈瘤のスペシャリストで、部長の今出川から脳外をまとめるように言われる、管理職的役割の女医。自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えているが、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている役どころだ。

そんな深山を翻弄するクセ者たちとして、5人のキャストが発表。椎名は、「世界のクロイワ」の異名をとり、マスコミにもたびたび取り上げられるスター脳外科医「愛に飢えた手術室の暴君(トップナイフ)」黒岩健吾役を演じる。広瀬は東都総合病院の脳神経外科・専門研修医で「自称“天才”のド新人」小机幸子役、永山は、外科もカテーテルも出来る二刀流で「心を閉ざした孤高の秀才」西郡琢磨役、古川は、BAR「カサブランカ」のオーナーで「悩殺王子は脳外のオアシス」来島達也役。そして、三浦は、東都総合病院の脳神経外科・部長で「真意を見せない脳外科のクセ者」今出川孝雄役を演じる。

女帝・天海祐希が、早くもヤバイ奴らに振り回される予感が!? 今回のキャスト解禁をうけ、5人からコメントが到着。以下に紹介する。

<椎名桔平 コメント>
世界的な脳外科医という役どころですが、そこに至るまで彼がどうやって闘ってきたのか、軽い印象を与える台詞が多い中で、その部分を感じさせる表現を心がけなければと思いました。天海さんとは20年ぶりくらいの共演となります。本当に楽しみです。三浦さんとは近年、映画やドラマでご一緒させて頂きました。頼れる兄貴分なので、頼っていきたいと思っています(笑)。

<広瀬アリス コメント>
大先輩がたくさんいらっしゃる現場なのでとにかく楽しみです。天海祐希さんとご一緒するのも初めてなので、天海さん演じる深山と私が演じる小机とのやりとりのシーンがどんなふうに出来るのかワクワクドキドキしています。常に成績トップだった彼女が、社会に出ていざ実戦になると、どこかヘタレで頼り甲斐のないというところがとても面白い役だと思いました。また、恋愛やファッションに興味を持ち始めるものの、少し普通の人とはズレていて、天然で、可愛らしい所にも注目して頂きたいです。作品の中では少し異色なキャラクターかもしれませんが、しっかりとそこに存在する人物としていられるように頑張りたいと思います。

<永山絢斗 コメント>
独特な個性と手技に絶対的な自信を持つそれぞれのキャラクターが、ぶつかり合い、患者を救っていく中で見えてくる複雑な過去の背景など、絡み合って複雑化していく様子が魅力的で心惹かれました。脳外科医という役を勉強していく中で、日々色々なモノを見させられて驚愕していますが、皆さまに楽しんで観ていただけるように、ベストを尽くしたいと思います。

<古川雄大 コメント>
天海さんをはじめ、この素晴らしいチームに参加出来る事を心から幸せに思っています。今回演じさせていただく来島達也は、医師達が集い心安らぐ空間を提供するBAR「カサブランカ」のオーナーで、ノリが良く、女の子が大好きで、一見チャラく見えるのですがどこか憎めない存在です。脳外科医の皆さんとは離れたところにいますが、来島の振る舞いによって、みんなが「またカサブランカに行きたい」と思う空気を自然に作り出せていければと思っています。僕自身も、ストーリーがどう展開していくのかがとても楽しみな気持ちです。この作品を盛り上げられる一員となれるよう、精進して役と向き合っていけたらと思います!

<三浦友和 コメント>
嬉しい共演者の方々でニコニコです。天海さんのパワーに押されっぱなしにならないように気合いを入れて臨みます。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル