top_line

米倉涼子『ドクターX』で“刺さる”セリフが反響「あの口調と言い方が重みを増す」

テレビドガッチ


米倉涼子主演の『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の第7話が、11月28日(木)に放送。 インターネット上では、未知子(米倉)が加地秀樹(勝村政信)と原守(鈴木浩介)を一喝する姿にコメントが集まった。

同作は、「私、失敗しないので」が口癖の天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」で活躍する姿を描く人気ドラマ。前シリーズから出演する内田有紀、遠藤憲一、勝村、鈴木、岸部一徳、西田敏行らに加え、今シリーズから市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治、清水ミチコ、藤森慎吾、戸塚純貴ら新たなキャラクターが登場している。

第7話では、世界的銀行家のセブン・ゴールドバーグ(アラン・ロワ)とその妻・ナタリー(アナンダ・ジェイコブズ)が「東帝大学病院」に。“ゴッドハンド”の大門未知子を頼り、なんと「毛包移植」、つまり最先端の「植毛」を依頼しに来たのだ。

しかし対面した未知子から「たかが植毛。サクっと片付けて、フサフサにして退院させれば文句ないでしょ」と失礼な言葉を浴びせられ、セブンは激怒!「彼女とは信頼関係を結べない」と帰ろうとしたそのとき、みぞおちを押さえて倒れ込んでしまう。診断の結果は胃がんのステージIB。さっそく執刀を名乗り出る未知子だったが、先の失礼な発言で怒り心頭のセブンは「大門未知子の顔など見たくもない」と拒絶し、加地による腹腔鏡下手術が決定する。
 
手術のチャンスを逃し悔しがる未知子を尻目にセブンの問診に向かった加地と原たち。英語力には問題ないと思われていた2人だったが、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いで重大なミスをしてしまう。

そんな中、ナタリーが未知子を訪ねて神原名医紹介所にやってきて「生きるか死ぬかの患者は絶対に救う」と言った未知子を信じ、セブンの手術をしてほしい、と頼むナタリー。だが、当のセブンは未知子の手術だけは絶対に受けたくないの一点張りだった。

直接説得しようと病室を訪ねる未知子だったが、その目の前で、セブンが吐血して昏倒する。問診での行き違いを解消できないまま、加地と原による手術が始まり……。

未知子が重大なミスを犯していた加地と原に対し、鋭い目つきで一喝。インターネット上では、彼女は放った言葉に「なんか涙でてきた……」「大門先生の名言!」「あの口調と言い方が重みを増す」と反響。また、セブンから依頼されたアメリカ出張オペを未知子が「オペしたい患者がいるの」と拒否したことに対し、「今年の最終回はにこたんのオペかな?」「今シーズンの最後は、ニコタンを手術ってことになりそうね」と、市村演じるニコラス丹下を予測する声が飛び交った。

TOPICS

ランキング

ジャンル