top_line

大島優子と同期の元AKB48、整形で顎が細くなりすぎて「カイジみたいになっているよ」

テレビドガッチ


元AKB48の小林香菜が、11月28日に放送された『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。整形した過去を明かした。

14歳の時に大島優子らと共に2期生としてAKB48へ加入した小林。25歳で卒業し、バラエティを中心に活動していたが、ある時に整形を公表して話題となった。小林は、デビュー当時を振り返りつつ「18歳くらいまでは可愛かった」と回顧。続けて「AKB48に入ってしばらく経ったらすごくブサイクになって……たぶん太ったのもある」と理由を述べた。

「いろいろなものに揉まれてブスになった」という彼女だが、そもそも整形を考えたのは家族の何気ない一言。もともと顔が四角型で親に「ペヤングみたい」と言われたという。親はふざけて言ったようだが、それから気になるようになってしまったとのこと。成長すると共にエラが張ってきてしまったため、ボトックス注射を打ったのが整形の始まり。その後、埋没法で二重にし、ほくろを除去。さらにフェイスラインを整えるため、韓国でヒアルロン酸を注入した。ヒアルロン酸は韓国で購入し、3万5000円程度とのこと。半年から1年ほど持つそうで、定期的に注入しなければならない。そうした小林の顎の細さに注目が集まると、同じく元AKB48の秋元才加から「(漫画の)カイジみたいになっているよ」とツッコミを受けたことを明かしてスタジオを笑わせた。

メスを入れない整形を行い総額150万円かけたという小林。整形金額を公表すると、なぜお金があるのか疑問を持たれ「パパ活している」と風評被害にあったとのこと。しかし、本人としてはAKB48の時の給料は使っておらず、アパレルサイトも運営しているため、捻出できることを明かしていた。

この他、整形ホストや整形YouTuberの日向すず、事故によって整形を決意し、整形シンデレラオーディションファイナリストにまで上り詰めた主婦が登場し、それぞれの整形事情を明かした。

TOPICS

ランキング

ジャンル