top_line

ケネディ暗殺のカギを握る男?アンブレラマン(カサ男)

カラパイア

00

 1963年11月22日金曜日、現地時間12:30 。第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディがテキサス州ダラスで暗殺された。事件当日のダラスは快晴だったにもかかわらず、ザプルーダー・フィルムには、黒い傘をさした、明らかに怪しげな男の姿が写し出されていた。
ソース:Top 10 Strange Topics That Need More Explanation  
原文翻訳:konohazuku
  
 ジョン・F・ケネディがディーリー・プラザで暗殺された日、多くの人々が殺害の証拠写真を撮っていた。もっとも重要な証拠は、エイブラハム・ザプルーダーが撮った大統領への頭に弾が命中した瞬間の写真。当日、何が起こったのか真相を探るため、政府関係者がさまざまなアングルから現場を検証したが、その結果、謎めいた何人かの人物が、浮かび上がってきた。  
  
1_e7  
  
 中でもアンブレラマンは、現場で撮られた多数のビデオや写真に、たびたび登場する。その日は晴れだったというのに、ディーリープラザに集まった群衆の中で、彼はただひとり傘を持っている。ビデオでは、大統領のリムジンが近づいてきた時、彼は傘を開いて頭上に高くかかげていた。彼が傘を時計回りに回すと、リムジンが速度を落とし、次の瞬間、大統領が狙撃された。  
  
1_e0  
  
 暗殺の後、アンブレラマンはステモンズ・フリーウェイという標識のある隣の歩道に座り込み、それから立ち上がって、テキサス教科書倉庫ビルへ向かって歩いていった。この男の身元はわかっていないが、オリバー・ストーン監督の映画も含め、JFK暗殺の陰謀を描いたさまざまな映画で取り上げられている。  
  
4_e5  
  
 アンブレラマンが、狙撃者に合図するために傘を使ったという筋書きだ。多くの目撃者が、リムジンが通りの真ん中で、ほとんど止まりそうなほどゆっくりになり、それから大統領が撃たれたと証言しているため、彼が大統領の運転手にスピードを落とすよう指示した可能性はある。  
  
 また、アンブレラマンが毒矢を使って、大統領を動けなくしてから暗殺が行われたという説まである。また、ザプルーダーのビデオでは、アンブレラマンの隣に立っている肌の浅黒い男が、大統領に向かって、ナチス式敬礼をしているように見える場面もある。この男が、無線で話している写真もある。  
  
6_e4  
  
 1978年に、ルイス・スティーヴィン・ウィットという男が、自分がアンブレラマンだと名乗り出た。彼曰く、傘を持ってきたのは、大統領を質問攻めにするためだったという。また、アンブレラマンは、元CIA工作員のハワードハントと近しいキューバ系アメリカ人マヌエル・アルタイムだという説もある。彼は1977年に謎の死をとげた。  
  
 ケネディ暗殺時の映像はYOUTUBEで閲覧することができるが衝撃映像なので自己責任で見てほしい。

TOPICS

ジャンル