top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2 松本人志「いつかは自分も参加してみたい」

もっとエンタメ

 ダウンタウンの松本人志プレゼンツ、バラエティー番組 「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」のシーズン2が、動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で、4月26日から独占配信された。10人の芸人たちが優勝賞金1千万円を懸け、参加費100万円を払って火花を散らすお笑いバトル。密室を舞台に制限時間内に最後まで笑わなかった者が勝ちというルールの下、シーズン2では「1回笑わせるごとに1ポイント」など、よりアグレッシブな戦いが予想されるようにルールを改正。「出来が良かった」と太鼓判を押す松本が、シーズン2の見どころや、今後の展望を語った。


-シーズン1に関する手応えや反響はいかがですか。

 割と評判がいいとは聞いていました。ただ、中盤にピークを迎えてしまうので、後半にもっとエキサイトするようにルールの改正は必要かなと思っていました。シーズン2ではそれがうまくいったかなと。ボクシングじゃないですけど、アグレッシブルさもポイントにしていかないと。自分から仕掛けないで、笑いもしない、笑わせもしない人が優勝ではさすがに盛り上がりに欠けるだろうという思いがありました。

-シーズン2ではルールの改正はうまくいきましたか。

 そういう意味でどんどん尻上がりに良くなっていくというか、最後にピークをうまく持っていけたかなと思います。

-シーズン2で初参加したメンバーの印象と期待は?

 自分たちから笑いを取りに行く、ディフェンスよりもオフェンスが得意な10人をうまく選べたと思います。吉本にとらわれず、間口を広げていきたいなという思いもあったので、入ってほしい人が入ってくれたのは良かったです。

-シーズン1に続いて参加しているメンバー(藤本敏史、宮川大輔、ジミー大西)についての感想は?

 大輔とフジモンについては、初めての人たちばかりで10人はどういうものかという思いもあったので、経験者が2人ぐらいいてくれた方がいいし、前回もムードを作ってくれたので、面白い展開が生まれやすいかなと。

TOPICS

ランキング

ジャンル