top_line

新木優子『脱力タイムズ』でボケ連発!「自分の役割は、どうにか果たせたかな」

テレビドガッチ


木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)で主演を務める新木優子と、アンタッチャブルの柴田英嗣が、11月29日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)に出演する。

この番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCをアリタ哲平ことくりぃむしちゅーの有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが担当。全力解説員として、岸博幸、出口保行、五箇公一が出演する。

今回のテーマは、未来の日本人ノーベル賞候補。今年、リチウムイオン電池の開発により吉野彰氏のノーベル化学賞受賞が決定した。そこで番組では、近い将来ノーベル賞を受賞する可能性のある人物を特集する。まずは、ノーベル物理学賞が期待される人物のプロフィールを紹介。プロフィールにはなぜか、“スクラム”や“トライ”など、ラグビーに関係するワードが散りばめられている。そのことを柴田が指摘すると、ラグビーにハマっているディレクターの趣味が出てしまったとアリタが説明。アリタは、ディレクターたちが所々に自分の趣味を盛り込んでいるので視聴者に違和感を持たせないよう、柴田のツッコミで笑いに変えてほしいと頼む。

柴田は「無理だよ~!」と言いながらも、アリタのリクエストに応えてノーベル賞候補のプロフィールからツッコミどころを見つけ出す。そこからいつの間にか、ディレクター陣の趣味を当てるクイズにエスカレート。柴田は、クイズの解答者と化していく。さらに、新木も参戦するものの、珍解答が飛び出す。ディレクター陣が腕によりをかけた難易度の高い問題の数々に、柴田は大苦戦し……。

<新木優子 コメント>
――収録はいかがでしたか?

オファーをいただいた時は、普段から見ている番組ですし、“私、出られるんだ!?”と、うれしかったです。すごく緊張したんですけど、無事に終わってホッとしました。自分の役割は、どうにか果たせたかなと思っています。

――オープニングからボケを連発する新木さんが、印象的でした(笑)。

私に任された部分が一つ終わるたびに、よし! と思いながら、自分で自分の頭の中をかき乱されながらやっていました。

――笑いをこらえるのは、大変でしたか?

こらえていたというか、もう笑っちゃってましたね(笑)。後半は緊張も解けて、楽しんでいました。

――柴田さんとの共演は、いかがでしたか?

初めてご一緒させていただきました。ボケ続ける私に、柴田さんがツッコんでくださるという形だったんですけど、物腰が柔らかくてステキな方でした。

――最後に、視聴者へのメッセージをお願いします。

いろいろな情報を楽しみながら知ることができるので、最後までしっかり見ていただければと思います。私自身としては、ずっとボケているので、皆さんには、そのボケをくみ取っていただければ、うれしいです(笑)。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル