top_line

でんでんとその娘役・田鍋梨々花の名演技に絶賛の声多数「愛と苦さが伝わってきた」「死役所は新人発掘の宝庫」

テレビドガッチ


松岡昌宏(TOKIO)の主演ドラマ『死役所』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~)の第7話が11月27日に放送。インターネット上では、切ないストーリー展開とでんでんの演技を絶賛する声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

あずみきしの同名漫画を実写化する同作は、この世を去った者たちが最初に訪れ、死者が成仏するための手続きをするあの世の”シ役所”が舞台。シ役所「総合案内」で働く職員・シ村(松岡)をはじめ、20歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった女子大生の三樹ミチル(黒島結菜)、生前は美容師だった「自殺課」職員ニシ川(松本まりか)、「他殺課」職員イシ間(でんでん)、「生活事故死課」職員ハヤシ(清原翔)らが出演する。

第7話では、シ村が高齢の女性の案内を終えると、他殺課・イシ間が中学生の女の子の受付をしながら、一緒に泣いているところを発見する。イシ間は泣き叫ぶ女の子の姿に、思わず姪っ子のミチ(田鍋梨々花)の姿を重ねていたのだった。イシ間は、シ村に「俺が殺した奴らもここに来たんだよな」と尋ねる。

生前、大工をしていたイシ間は、妻を亡くし独り身だったこともあり、空襲で死んだ弟夫婦の娘ミチを引き取り、実の娘のように大事に育てていた。ささやかながらも幸せな2人暮らし。大工の親方・殿村(一本気伸吾)からは、早く養子縁組をすべきだと言われるが、優しくて正義感あふれるミチの親に自分がなっていいのか、と二の足を踏んでしまう。そして、突然、悲劇は訪れる。それは残酷にもミチの優しさが引き起こした、あまりにもむごい事件だった……。

過去の殺害経緯をシ村に打ち明けたイシ間を、「老衰死課」に連れて行くシ村。そこには、年老いた83歳のおばあちゃんになったミチがいた。認知症になったミチだったが、イシ間を見て少女の頃と変わらぬ笑顔で「おじちゃん」と呼びかけ、幸せな人生を全うしたことを知る。

ネット上では、「でんでんさんの演技がとっても素晴らしかった」「でんでんさんよかったな。じんわりと、愛と苦さが伝わってきた」といったでんでんの演技力を絶賛するコメントや、「死役所は新人発掘の宝庫だな。毎回ゲストの演技が素晴らしい。田鍋梨々花さんこれからブレイクしそう」「毎回のゲストの俳優さんが少年少女でもものすごく演技が上手くて見ごたえがありすぎる」といった声に加え、まだ過去が明かされてない松本演じるニシ川について、「しかしニシ川さん可愛い。“馬鹿なの?”って言われたい」「ニシ川さんの話はないのかな」といった投稿が目立った。

TOPICS

ランキング

ジャンル