top_line

大きな犬が少女に希望と愛を与え続ける。グレート・デーンに支えられ歩けるようになった11歳の少女

カラパイア

0_e18

 アメリカ、マサチューセッツ州に住むベラ・バートンちゃんは生まれつき骨の形成が阻害されるモルキオ症候群(ムコ多糖症)を患っており、うまく身体を動かすことができない。まだ子供でありながら、何度も手術を受け、数知れない治療を試してきたが、11歳になった今でも自分だけで歩くことは苦手だった。

 そんなベラちゃんの生活を一変させたのが、1匹の犬だった。グレート・デーンのジョージさんが、ベラちゃんの足代わりとなって彼女が歩くのを支え続けているのだ。

 「杖の代わりにこの子に寄りかかるの」とベラちゃんは大親友のジョージさんについて話してくれた。



The Special Bond Between a Young Girl With Rare Genetic Disorder and Her Service Dog

  米マサチューセッツ州イプスウィッチにある介助犬プロジェクトで訓練を積んだジョージさんは、ベラちゃんが行きたいと思うところに連れていってくれる。大きな体が特徴のグレート・デーンのジョージさんは、ベラちゃんが転ばないように常に配慮を配りながら、その大きな体で全力でベラちゃんを支えていく。

1_e19

 「昔は車椅子や歩行器や松葉杖なんかを持ってたんだけど、ジョージが家に来てからは、そんなもの放り捨てちゃった。この子が一番安心できるの。」

 ジョージさんがベラちゃんのもとへやってきたのは昨年のことだ。それ以来、彼女がこれまで受けてきたどの治療法よりも歩く自由を広げ、またその大きな体と愛情で、勇気と自信を与え続けてきた。

4_e15

 ベラちゃんは今では公園で走ったり、遊んだりすることもできる。モールでのショッピングも楽しめるようになった。ジョージさんと出会うまでは考えられなかった楽しみだ。

 「ジョージのおかげであの子随分強くて活発になったわ」と母親のレイチェル・バートンさんは語る。「こんなに愛情深い素晴らしい犬に恵まれて本当に幸せだわ。体重59kgのジョージが、19kgのベラにべったりなのよ。ベラの言うことなら何でも聞いてくれるわ」

3_e17

 ジョージさんがベラちゃんの人生に与えた意味は実に大きく、「飼い主と地域の人たちの生活に大きな影響を与えた」としてアメリカン・ケネル・クラブから表彰された。

 「両者の分かつことのできない絆と、彼女に自信と独立と幸せを取り戻させたジョージさんの忠誠心を讃える」、と同クラブのサイトには表彰理由が説明されている。

2_e17

 モルキオ症候群はムコ多糖症4型で骨の変形が特徴的で、ムコ多糖症の中で最も強い骨の変形を示すといわれている。その症状は、生後1~3歳頃から現れ、身長の発育が遅れる。症状としては、低身長症や、胸郭の変形、背骨のゆがみ、首が短い、X脚などがある。骨髄移植などで病状の進行を抑えることはできるが、今のところ有効な治療法はなく、新たな新薬開発、遺伝子治療などの分野からのアプローチが必要となっている。


Service dog gives girl with rare disease a helping hand
nydailynews.wcvb・translated hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル