top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

最も多く新人王を輩出している球団はどこ? 反対に少ないのは?

週刊ベースボールONLINE

 2019年11月26日、新人王の発表が行われる。今シーズンも各チームで新人選手が活躍したが、セ・リーグではヤクルトの村上宗隆と阪神の近本光司の一騎打ち、パ・リーグではソフトバンクの高橋礼の受賞が有力視されている。では、新人王を最も多く輩出したチームはどこなのだろうか?

最多は巨人だが……



巨人・原辰徳

 1950年から2018年までの最優秀新人受賞者の所属チームを調べ、選手の多い順に以下にまとめてみた。※前身チームも含む

1位 巨人……19人
2位 西武……14人
3位 日本ハム……13人
4位 ソフトバンク……11人
5位 中日、ヤクルト……10人
7位 広島、オリックス……9人
9位 DeNA、阪神……8人
11位 ロッテ……7人
12位 楽天……3人

 過去69年で最も多く新人王を輩出しているのが巨人。最初に受賞したのは1951年の松田清で、以降は広岡達朗(1954年)、藤田元司(1957年)、長嶋茂雄(1958年)、原辰徳(1981年)、上原浩治(1999年)など、球史に名を残すレジェンドが受賞している。

 次に人数が多いのは西武。西鉄時代は中西太(1952年)、豊田泰光(1953年)、稲尾和久(1956年)など5人が受賞しており、西武になってからは清原和博(1986年)、松坂大輔(1999年)、源田壮亮(2017年)など9人が新人王に輝いている。

 日本ハムも13人と多く、東映時代の1959年に張本勲がチーム最初の新人王を受賞。日本ハムになってからは8人の新人王を輩出している。特に2000年以降では5人が受賞と、巨人と並んで最多。今年受賞が有力視されている高橋礼が所属するソフトバンクは、これまでに11人が受賞している。このうち7人は南海時代。ダイエー、ソフトバンク時代が4人という内訳だ。

一番少ないのが楽天だが輩出ペースは西武以上


 一方、人数が最も少ないのが3人の楽天。ただ、楽天は球団創設が2004年(新人王の対象となったのは2005年から)なので、他球団より少ないのは仕方ないこと。むしろ、2005年からの14年間で3人も出しているのはすごいことだ。14年間で3人なら、69年間でおよそ15人のペース。西武を超えて2位となってもおかしくないペースなのだ。

 また、巨人と並ぶ名門の阪神が8人しかいないというのが意外なところ。過去には田淵幸一(1969年)、岡田彰布(1980年)が受賞。直近では2016年に高山俊が受賞しているが、ライバルの巨人には遠く及ばない人数だ。

 ちなみに、2004年の合併吸収で消滅した近鉄バファローズは、大石大二郎(1982年)、阿波野秀幸(1987年)、野茂英雄(1990年)など5人の新人王を輩出している。

 新人王に村上が選ばれるとヤクルトは11人目、近本なら阪神は9人目。ソフトバンクは高橋が12人目になる可能性が高いが、果たしてどうなるのか。新人王発表は11月26日だ。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル