top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

有村架純は大丈夫?「朝ドラヒロイン」明と暗の分かれ道

SmartFLASH

 新興宗教「幸福の科学」へ出家した清水富美加(22)は『まれ』(2015年春)で土屋太鳳(22)の友人役としてブレイクした朝ドラ女優だった。

「朝ドラはギャラが格安なうえに拘束時間が長い、本来は“ブラック番組”。とはいえ、幅広い世代から国民的人気が見込まれるゆえ、オーディションには例年2500通もの応募が殺到する」(民放関係者)

「国民的人気女優」へのスタートラインともいえる朝ドラヒロインの今をリサーチしてみると、その後の「明」と「暗」を分ける「5つの分かれ道」があった――。

(1)ギャラや待遇で所属事務所とモメない

「最悪なのが、事務所に育ててもらった恩義を忘れて、ギャラや待遇の面でモメて、ケンカ別れして独立するパターン。裏切り者は仕事を干され“芸能村”では生きていけない。出家の際、元所属事務所への不信感を著書で赤裸々に暴露した清水さんの今後の芸能活動は厳しいと言わざるをえない」(テレビ関係者)

広告の後にも続きます

 近年ではのんこと能年玲奈(23)が記憶に新しい。『あまちゃん』(2013年春)の2年後、今回の清水と同じく、「月収5万円」と不遇を訴えて独立トラブルを起こした。独立後はアニメ映画『この世界の片隅に』の声優以外、女優業で大きな仕事はない。

『おひさま』(2011年春)の井上真央(30)は、大河『花燃ゆ』(2015年)でも主役を射止めた“NHK御用達女優”。同じく朝ドラヒロイン女優・松嶋菜々子(43)らが在籍する事務所に所属していたが、昨秋独立。岸部一徳(70)の個人事務所へ移籍した。

「元事務所には局に圧力をかける力はないが、『口うるさいステージママ』とも評される井上の母親が足を引っ張っているようだ。独立の理由は“2000万円プラスα”という年間ギャラの増額を井上母娘が要求するも却下されたからだそうだ。岸部さんでさえ一人で電車移動するくらい現在の事務所はスタッフ不足。母親がマネージャーのように口出しする機会が増えたら井上の活動に悪影響が出そうだ」(芸能関係者)

 私生活では結婚間近だった交際10年の恋人・嵐の松本潤(33)の二股疑惑を昨年末、文春砲がスクープ。公私ともにピンチだ。

(2)女優業と女の幸せのバランスは慎重に

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル