top_line

雪化粧が美しい!絶対見逃せない日本の冬の絶景7選

WOW! JAPAN (jp)

日本には雪化粧が似合う絶景スポットが数多くあります。今回はなかでも特におすすめの場所を7つご紹介!

1. 白川郷(岐阜県)

岐阜県の「白川郷」には、山型の茅葺屋根が印象的な家屋が多く残る「合掌造りの集落」があります。伝統と人々の暮らしが息づくエリアで、その景観の美しさが評価され、世界文化遺産に登録されています。日本有数の豪雪地帯で、12月下旬〜3月上旬になると集落は一面真っ白に。夜のライトアップでは、幻想的な風景を眺めることができますよ。

1. 白川郷(岐阜県)

岐阜県大野郡白川村荻町

2. 三十槌の氷柱(埼玉県)

埼玉県・奥秩父の冬の風物詩。山の斜面から染み出す岩清水が厳しい寒さによって凍ってできる天然の氷柱です。見ごろは1月上旬~2月中旬。寒さが増すにつれ徐々に姿を現し、最盛期には幅約30m、高さ約8mにまで広がります。ライトアップ期間中(2020年は1月11日(土)~2月16日(日))には、色とりどりの光に照らされた神秘的な表情を楽しむこともできます。

2. 三十槌の氷柱(埼玉県)

埼玉県秩父市大滝

3. 十日町の棚田(新潟県)

新潟県十日町市には傾斜地に階段状に作られた水田「棚田」が多数点在しています。なかでも代表的なのは、約200枚の棚田が広がる「星峠の棚田」。冬に訪れるなら、雪が積もりはじめる頃がおすすめ。うっすらと雪化粧をした棚田を朝日や夕日が彩るさまは格別の美しさです。除雪しないため、積雪時は車での進入不可。鑑賞ポイントには駐車場や展望台が整備されています。

3. 十日町の棚田(新潟県)

新潟県十日町市峠1513


※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル