top_line

【公式全文】「Block B」パクキョン側、音源買占め疑惑の実名公開を謝罪

ワウコリア


「Block B」パクキョンが所属事務所を通じて、音源買占めに関し、実名を挙げたことについて公式謝罪した。

所属事務所KQエンターテインメントは24日、プレスリリースを通じて謝罪。事務所側は「当社所属アーティスト、パクキョンのツイッターで実名が挙げられた方々にお詫び申し上げます」とし、「パクキョンは特定の人の名誉を毀損する意図はなく、現歌謡界の音源チャートの状況について、発言をしたものです。直接的で荒い表現により、関係者の方々にご迷惑をおかけしたとしたら、広い心でご理解をいただきたいところです」と明かした。

パクキョンの発言が、事実関係を確認せずにしたものだと重ねて謝罪した。所属事務所は「歌謡界全般に広がった噂に基づき、事実関係を確認せずに発言したもので、単純に考えるとアーティスト個人の考えを自分のツイートにアップしたにすぎませんが、具体的な実名を挙げ、当事者にご迷惑をお掛けした点をお詫び申し上げ、いま一度、広い心でご理解をお願い申し上げます」と説明した。

パクキョンは自身のSNSに「『Vibe』のように、ソン・ハイェのように、イム・ジェヒョンのように、チョン・サングンのように、チャン・ドクチョルのように、ファン・インウクのように買占めをちょっとしたい」というコメントを掲載し、物議を醸した。音源買占めに関し、疑惑があった人物の実名を挙げたためだ。現在、パクキョンの投稿記事は削除されている。

以下、公式立場全文。

こんにちは。

KQエンターテインメントです。

まず、本日当社所属アーティスト、パクキョンのツイートに実名が挙げられた方々にお詫び申し上げます。

パクキョンは特定の人の名誉を毀損する意図はなく、現歌謡界の音源チャートの状況について、発言をしたものです。直接的で荒い表現により、関係者の方々にご迷惑をおかけしたとしたら、広い心でご理解をいただきたいところです。

これは歌謡界全般に広がった噂に基づき、事実関係を確認せずに発言したもので、単純に考えるとアーティスト個人の考えを自分のツイートにアップしたにすぎませんが、具体的な実名を挙げ、当事者にご迷惑をお掛けした点をお詫び申し上げ、いま一度、広い心で理解をお願い申し上げます。

ありがとうございます。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル